FC2ブログ

09月≪ 2018年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.02/13(Mon)

ツール・ド・伊豆 2012 

ツール・ド・伊豆 <第1日目>
昨年に続いて、「ツール・ド・伊豆」という名ばかりのツーリングに参加。しかし実態は「ツーリング」という「レース形式のキツい合宿練習会」なのである。

2012伊豆-1
平塚の花水レストハウスを出発し石廊崎を目指す。

平塚から石廊崎までをいくつかのステージに区切り、各ステージのゴール地点に1位=10ポイント、2位=5ポイント、3位=3ポイントというポイントが設定されている時点で「ツーリング」ではないのだが、「みんなに楽しく苦しんでもらおう」というナカザワディレクターの思惑通り、各ステージで本気で走ってしまうところはローディの「性(さが)」なのか...

2012伊豆-2

石廊崎まであと20km地点の伊豆急下田で1日目最後の休憩をし、仕事の都合で輪行して帰るつるを見送り。当然、下田にもポイントが設定されていて、稲取から下田までも苦しい走り。最終区間の下田から石廊崎まではみんなでゆっくり走りたいところだけれども、ナカザワディレクターから「宿の手前3kmは個人TT」という発表によって最後の最後まで苦しい走りの末、民宿岡田に到着。

2012伊豆-3
個人TTスタート。

2012伊豆-14    2012伊豆-7
民宿のお父さんのガレージを解放してもらって、自転車を保管。
自転車の総額はお父さんの自家用車10台分くらいか?

一日の疲れを温泉で癒した後は豪華な料理で宴会。しかし翌日のことを考え、みんなお酒は控えめか?

民宿岡田    2012伊豆-5    2012伊豆-6
ぼたん鍋、伊勢海老、その他いっぱい。

2012伊豆-4
一気飲み。

ツール・ド・伊豆 <第2日目>
2日目は石廊崎から西伊豆を回って三島へ。そして最後に箱根を上って小田原でゴールというルート。東伊豆に比べると西伊豆のアップダウンは遥かにキツく、しかも最後に箱根が控えているにも関わらず、2日目最初の区間は民宿岡田前からヒルクライム個人TT。今日もナカザワディレクターに苛められます。

2012伊豆-9    2012伊豆-10
民宿のお母さんを交えて記念撮影。ヒルクライム個人TTのスタート地点は良い景色。

2012伊豆-15
ヒルクライム個人TTゴール地点。

2012伊豆-16    2012伊豆-17    2012伊豆-14
西伊豆の上りはキツい。

箱根
箱根峠で締めくくり。

とても苦しく、とても楽しい自転車三昧の2日間でした。一緒に苦しんで、楽しんだ皆さま、サポートをしてくれた皆さま、ありがとうございました。

スポンサーサイト
EDIT  |  22:05 |  自転車  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

●素晴らしい出会いをありがとうございます。

民宿で皆さんとあった時にはそんなに出ていなかったアドレナリンが、翌日の箱根峠を走っている様子を見て、アドレナリンがでまくりました。「走りたい!」
伊豆での合宿やサイクリングの時には声をかけてください。
皆さんのお役に少しでもたてるようにします。
これからもよろしくお願いいたします。
松富毅 | 2012.02.14(火) 07:08 | URL | コメント編集

楽しかったですねー。来年もぜひやりましょう!
Takashi+NAKAZAWA | 2012.02.14(火) 11:40 | URL | コメント編集

●よろしくお願いします。

松富さま
箱根峠でいただいたクレープ、美味しかったです。
次回は必ず一緒に走りましょう!
これからもよろしくお願いします。
NOZ | 2012.02.14(火) 15:54 | URL | コメント編集

●来年も。

NAKAZAWAさま
楽しかったというかキツかったというか...
でも来年はさらにキツいステージを設定してパワーアップした「ツール・ド・伊豆」をやりましょう!
なんて言っている私はやっぱり「楽しかった」んですね。
NOZ | 2012.02.14(火) 15:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。