03月≪ 2012年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.04/28(Sat)

サイクルカーニバル 

米子での仕事は昨日で終わり。今日は自宅に帰ることが仕事。
今日の米子は朝から快晴だったので、仕事の前にパインヒルズ米子支部のタゴさんにお付き合いいただき、米子で毎年行われている大山山麓を走る「サイクルカーニバル in 淀江」のコースを走った。

サイクルカーニバル1    サイクルカーニバル2

皆生トライアスロンのバイクコースとも一部重複しているコースは景色も良く、アップダウンも適度にあり、気持良く走れた。

サイクルカーニバル3

飛行機の出発まで少し時間があったので皆生温泉の「日帰り温泉・オーシャン」で汗を流し、さっぱりしてから空港に行き、空港でビールを一杯。

本日の走行距離 : 74.79km
高度上昇値 : 1,283m

スポンサーサイト
EDIT  |  23:57 |  自転車  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.04/27(Fri)

明日 

米子での仕事は今日で終わり。明日は帰るだけなのだが、予約している飛行機は16時発。せっかくなので自転車に乗ってから帰ることにする。明日の米子の天気予報は「晴れ・1日中降水確率0%・最高気温24℃」という絶好の自転車日和。

EDIT  |  21:13 |  自転車  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.04/24(Tue)

まとめて2つ 

パインヒルズ米子支部のメンバーも出場する「ツール・ド・大山」、「ヒルクライム in 大山」というイベントが米子で行われている。

「ヒルクライム in 大山」というのは、大山の麓から大山中腹の枡水高原まで、約14kmで700mを上るヒルクライム大会。
「ツール・ド・大山」というのは大山中腹にある、だいせんホワイトリゾートをスタートし、大山を1周(距離は約75km、獲得標高は約2,200m)するというなかなかハードな大会なのである。

早起きして米子に来たので、この2つのコースをまとめて走ることにし、まずは「ヒルムライム in 大山」のスタート地点まで車で行き、ヒルクライムのスタート。このコース、平均勾配は5%ということになるのだけれど、スタート後4kmくらいはほぼ平坦のため、かなりキツいヒルクライムなのである。写真を撮ったりしながら上ったタイムは47分。

米子1
霞んでいるのは黄砂かもしれない

標高約750mの枡水高原からは一気に400m下るダウンヒル。10%近い直線基調のダウンヒルは軽く、○0km/hオーバー。下ればまた上りがあるワケで、大山を常に左側に見ながら、車の少ない走りやすい道でアップダウンを繰り返す。

米子2
このあたりから見る大山は台形

米子3

そして標高900mの鏡ヶ成まで来たところで、積雪のため通行止め。通行止め突破も考えたものの、良く知らないところではリスクが大きいと判断し、来た道を戻る。

米子5
枡水高原の桜は満開

本日の走行距離 : 86.35km
高度上昇値 : 2,151m

EDIT  |  22:54 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2012.04/23(Mon)

米子へ 

明日から米子に出張。
明後日の朝に客先に訪問することになっているので、明日中に米子に入ればOKなんだけれど、6時50分発の飛行機を予約しているため、大泉学園駅4時30分に出発するリムジンバスに乗らなければならない。

なぜ、そんな早朝便に乗って米子に行くかと言うと、早く米子に行って自転車に乗りたいから。明日の米子の天気予報は快晴・24℃というまさに自転車日和。東京はこのところ寒い日が続いていたので、明日は半袖ジャージで霊峰大山の周りを気持ちよく走れそう。

EDIT  |  22:00 |  仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.04/22(Sun)

V練 

V練に参加させていただいた。今日のコースは「矢野口-武蔵五日市-甲武トンネル-レイク相模CC-上野原CC-R20-大垂水峠」。
イチローさん、フルヤさん、ナガシマさん、ヤマザキさん、ワタシの5人で矢野口のミニストップを出発し、マツムラさんとの待ち合わせ場所の武蔵五日市駅に向かう。

マツムラさんと合流後、今日の練習開始。甲武トンネルまでのアップダウンですでにペースは上がり、トンネルへの上りに入る。ここで先行し、20~30m後ろにナガシマさんがいる。その差は広がらず、詰まらず。ここはトンネルゴール勝負に切り替え、トンネル手前のカーブで少しだけ足を休める。とは言っても10秒ほど。ナガシマさんは、「追い付ける」と思ってモガくはず。そして横に並ばれた時に、10秒だけ貯めていた余力を振り絞り、トンネルに向かってスパートし逃げ切り。オオツカさんから何度もやられて体で学んだ戦法が成功した。

トンネルから下り、鶴峠との分岐を左に入ってからのアップダウンは初めて走るコースだったが、先行するフルヤさんに付く。アウターギアで淡々と走るフルヤさんに付いて行くのはキツかった。ほとんど付きいちだったけれど、何度も切れそうになるのを我慢しコンビニ着。

残すは大垂水峠。千木良の交番を過ぎて、フルヤさん、イチローさんが先行したところを交わして先頭に出る。昨日の疲れもあるし、今日もここまでかなり足を使っているし、ここからどれだけ走れるか...だったが、すぐ後ろに迫るフルヤさんを見ながら、苦しんで逃げ切り。

ナガシマさん、イチローさん、フルヤさん、ヤマザキさん、マツムラさん、良い練習うでした。ありがとうございました。

本日の走行距離 : 142.37km
高度上昇値 : 1,272m

帰宅後は火曜日から出張する米子に自転車を出荷。米子でどれだけ乗れるかな。

EDIT  |  22:13 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2012.04/21(Sat)

山伏峠周回練習 

ニシムラさん、マツムラさん、ムラカミさん、ワタシの4人で6時30分に松ヶ丘を出発。今日の予定コースは「松ヶ丘-岩蔵温泉-山王峠-(山伏峠-正丸峠-天目指峠)×2周-小沢峠-岩蔵温泉-松ヶ丘」だったので、ゆっくりめにスタートするかと思いきや、松ヶ丘から県道に出た途端にニシムラ機関車の鬼引き。

天気予報によると15℃ということだったのに寒い。、瑞穂あたりから霧雨が降り出し、路面は完全ウェット。さらに寒さが増した感じ。

みんな足を削られた状態で山王峠を越え、1回目の山伏峠へ向かう。天目指峠との分岐でペースアップしたら3人がやや遅れたのでそのまま単独で山伏峠に。3人に追い付かれないように集中し、先頭で頂上着。キツかった。ムラカミさんはここで折り返し。

山伏峠は霧雨に加え靄も出ていて視界は悪い。正丸峠を上りR299に下ると、路肩にある温度表示は8℃。指先(薄い指付きグローブ)やつま先(シューズカバーなし)が痛い。1回目の天目指峠を上りながら、「今日は寒いし、雨も降っているので1周で止めない?」という弱気発言はニシムラさん、マツムラさんから「いやもう1周!」と即却下。

ということで2回目の山伏峠、正丸峠、天目指峠を周回し、小沢峠に。2周目はもう足も一杯だし、疲れも出ているし、思ったように走れず。ここで走れるようにしないと木祖村は苦しい。木祖村まであと40日、もっと練習しなきゃ。

本日の走行距離 : 150.52km
高度上昇値 : 2,062m

EDIT  |  21:25 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.04/18(Wed)

エアロヘルメット 

ワタシがエアロヘルメットを初めて購入したのはかれこれ15年くらい前のこと。当時のエアロヘルメットは衝撃吸収ライナーなんか入っていなくて、頭を守るなんていうことは全く考えられていないペラペラなヤツ。だけれど、使っている人が少なくて、初めて使ったパインヒルズGPXではかなり目立っていた気がする。今では埼玉TTやパインヒルズGPXでもエアロヘルメット使用率というのはかなり高くなっているけれど、当時は被るのがちょっと恥ずかしかったことが思い出される。

それ以来、4つのエアロヘルメットを使ってきたけれど、今回購入した5代目となる「OGK AERO-K1」は、まだ実走はしていないものの、今までのエアロヘルメットとは比べ物にならないくらい良い感じ。

aero-k1

これで埼玉TTで20秒、木祖村個人TTで8秒の短縮を狙う!

EDIT  |  23:40 |  自転車  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2012.04/16(Mon)

筋肉痛 

朝起きたら太腿の内側の筋肉(内側広筋?)が痛い。階段を下りるのが辛いほど痛い。昨日は山方面を軽く走っただけなのに...自転車に乗った翌日に階段を下りるのが辛いほどの筋肉痛なんて初めてかもしれない(覚えていないだけかもしれない)。

原因は何だろうか?

EDIT  |  22:23 |  自転車  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.04/15(Sun)

山 

大泉-所沢-岩蔵温泉-小沢峠-天目指峠-正丸峠-山伏峠-小沢峠-榎峠-青梅-大泉

チャレンジが終わってから体調を崩したり、天気が悪かったり、出張だったりで全く自転車に乗っていなかったので今日は山をゆっくりと走ることにした。岩蔵温泉を過ぎたところで、ナラさんを始めとするエスペランス・スタージュ集団+マツムラさんと遭遇。バーディクラブ周回練習中とのことで「あと4周なので一緒に走りましょう」と誘われたけれど、こんな強烈な集団と走ったら即切れ間違いないので、丁寧にお断りし小沢峠に向かう。全ての峠をペース走。気持良く走れたけれど、帰宅後は思ったより足にきていた。

本日の走行距離 : 128.4km

EDIT  |  17:30 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.04/08(Sun)

チャレンジサイクルロードレース 

盟友マスケンとワンツーフィニッシュを狙って挑んだチャレンジだったが、マスケン2位、ワタシ3位という結果に終わってしまった。しかし「オヤジの意地の張り合い」とも言えるレースは、なかなか面白かったと思う。

最終周回、、ヨコヤマさん(オーベスト)、マスケン(オーベスト)、オノさん(パインヒルズ)、ワタシ(パインヒルズ)の4人で2号橋を過ぎ、フィニッシュとなる秀峰亭に向かう。

ヨコヤマさんが最初に仕掛け、マスケンが反応。ヨコヤマさんをかわしたマスケンさんをオノさんがマーク。ここでワタシはマスケンさん、オノさんからやや遅れてしまう。ここで2人にピッタリと着けなかったのが今日のワタシの弱さだった。激しく争う前の2人を見ながら、3位でフィニッシュ。優勝はゴール前でマスケンを差したオノさん。

「マスケンとワンツーフィニッシュを狙っていた」と言っても、昨年のチームの忘年会で「チャレンジで優勝するぞ~!」って宣言していたし、もちろん狙っていたのは優勝であり2位ではない。それなのに3位っていうのはすごく悔しい。

レースが終わってみれば、アベレージスピードは34km/hオーバー。今年は秀峰亭がゴールだったので、一概には言えないけれど、このアベレージスピードを1周のラップに換算すると、8分台/周。ラップタイムなんていうのはその日の風向きや気温、レース展開などに左右されるものの、先日の東京都社会人ロードAクラスで優勝した鈴木謙一選手(愛三工業)のアベレージスピードは34.0km/hだった(周回数は違うけれど)ことを考えると、これはオヤジのレースとしてはなかなか速い。

そして、この速いペースを作ったのは、マスケンとワタシだと思っている。しかし、2人で抜け出せなかったのは、まだスピードが足りないということ。もっともっと練習をして来年のチャレンジに挑みたいと思う。

EDIT  |  22:15 |  レース  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2012.04/06(Fri)

埼玉TT 

埼玉TTにエントリー。
登録者成年男子(20km)、登録者マスターズ(10km)、どちらにエントリーするか迷った末に、昨年と同じ登録者成年男子にエントリー。登録者マスターズ、2011年チャンピオンであるマツムラさんに挑みたいという気持ちもあったけれど、登録者成年男子での6位入賞を目指すことにした。

2009年 登録者成年男子  8位 27分39秒(Ave.43.38km/h) 6位との差 31秒
2010年 登録者成年男子 10位 28分25秒(Ave.42.22km/h) 6位との差 36秒
2011年 登録者成年男子  9位 28分06秒(Ave.42.69km/h) 6位との差 18秒

昨年で言えば、1kmで1秒速く走れば6位になれたわけだが、これが大きな差なのである。「たかが1kmで1秒」、「されど1kmで1秒」と言ったところか。

チームTT登録者には、マツムラ、ニイヌマ、ワタシの3人でエントリー。こちらは昨年に続き6位入賞を目指す。

EDIT  |  23:16 |  レース  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.04/04(Wed)

リュウマ 

通勤途中の矢野口で前方にパインパンツを履いているローディーを発見。近づいてみると青嵐中の後輩、リュウマだった。後輩といってもリュウマは青嵐中を卒業したばかりの15才。37コ下の後輩っていうことになる。

何でも友達と2人で静岡まで行く途中らしい(途中から輪行?)。一緒に付いて行きたかったけど、リュウマと別れて会社に向かう。

EDIT  |  23:10 |  ジテツウ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.04/01(Sun)

JCRC 

今度6年生になるムスメと、ムスメの友達3人を連れて、金曜日の夜から山中湖に。ちなみにヨメは家で留守番。土曜日は朝から嵐のような雨で、自転車に乗れず、一日中ムスメたちの相手をして過したのだけれど、このムスメたち思った以上に手がかかる。ムスメたちが散らかした物を片付けたり、食器を洗ったりしているだけで一日が終わった感じ。

そして今日はJCRC出場のため、ムスメたちを連れて修善寺に。出場したのはOクラス。Oクラスはオヤジの「O」、60歳以上のGクラスはジジイの「G」とワタシは思うのだけれど、違うのかな?

チャレンジで優勝するぞ~!って言っちゃっているし、ムスメたちは応援にきているし、オヤジクラスで負けるわけにはいかず、スタートから飛び出す。で、そのまま先頭を走り続け、2号橋を過ぎた上りで単独になり、あとは個人TT状態になったのはいいけれど、体は動かず、全く踏めない。

終わって見れば優勝こそできたものの、平均ラップは約9分50秒と話にならないくらいのレベル。これではチャレンジでの優勝なんて絶対に無理。あと1週間でどう立て直そうか...

EDIT  |  22:09 |  レース  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。