10月≪ 2010年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.11/29(Mon)

Bora 

憧れの「Bora Ultra 2」がやってきた!

Bora Ultra 2

自転車パーツの中で走りに一番影響を与えるのがホイールだと思う。フレームを新しくするより、軽くて良く回るホイールを導入したほうが速く走れるに違いない。早く使ってみたい...

スポンサーサイト
EDIT  |  17:47 |  自転車  | TB(0)  | CM(7) | Top↑
2010.11/28(Sun)

おめでとう! とみざー&みほさん 

2010.11/27(Sat)

とみざーの結婚式2次会パーティに招待していただいた。
カネシロさんから「チームジャージ着用」の要請があったのでジャージを持参し、パーティ会場でジャージを着用する。リマサンズ、なるしまフレンド、シナジーなどいろいろなジャージを着た人たちで賑やかなパーティだった。

とみざー1
新郎とみざーももちろんジャージ着用

とみざー2
3次会は神田で。自転車関係+とみざーの親戚、友人というメンバーだったが、とても楽しい時間を過ごせた。

おめでとう!とみざー、みほさん。末永くお幸せに!

EDIT  |  21:29 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.11/24(Wed)

R246-環八 

今日の帰りは久しぶりの「R246-環八」ルート。
何だかとても新鮮な気分。

EDIT  |  22:52 |  ジテツウ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.11/23(Tue)

ZIPP 

ZIPP404クリンチャーに空気を入れていたら、チューブの噛み込みがあったみたいで、「バーン」という音と共にパンク。「初心者的なことをやってしまった。」と思いながらチューブを替えようとしたら、リムのバルブ穴から外周部に向かってに亀裂が入っている。しかも両側に。これくらいのことで亀裂が...すごいショック。

亀裂

カーボンシートで補修できるのか...
アマンダにお願いすれば補できるのか...

EDIT  |  20:26 |  自転車  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2010.11/21(Sun)

花酒 

泡盛の定義とは、米を原料にし、黒麹菌を使い、1回だけ蒸留を行い、沖縄で造る度数45度未満の酒とされ、酒類分類上は焼酎乙類に属している。この条件を満たす酒だけが本場泡盛と称することができるらしい。

ワタシが沖縄でお土産に買ってきたのはアルコール度数60度の「舞の富名(まいのふな)」。度数が60度の酒は「花酒」と呼ばれ、焼酎乙類ではなくスピリッツ類に分類されるらしい。

花酒

これをロックで飲むと美味い!
つまみは「チラガー」と「海ぶどう」

EDIT  |  18:16 |  その他  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2010.11/20(Sat)

完全オフ 

朝ゆっくり起きて、おきなわで使った自転車のメンテやら家の掃除やら。どこかのチームの長老に怒られそうだけど「強くなる気もやる気もありません」って感じかな。

昼前からは下のムスメの描いた絵が区役所のロビーに展示されるっていうことでヨメ、ムスメ、ワタシの3人で区役所に行き、帰りに3人でランチ。家族とのこういうのんびりした過ごし方も必要だなと実感。

カレンダー

夕方は脳溢血で急逝した同級生のお通夜に行く。脳溢血っていうと高齢者の病気という認識があったけれど、同級生がこの病気で亡くなるというのは何となく複雑な気持ち。冥福を祈ります。

EDIT  |  21:11 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.11/18(Thu)

ツール・ド・おきなわ 2010 

「雨よ降れ!」との願いが通じたのか、土曜日は台風並みの風雨。自転車での試走をあきらめ、車でコースの下見をする。普久川の上りに入ると、「いよいよ明日」という気持ちが高まり、車だっていうのに心拍が上がる感じ。

しかし、夜になると雨はあがり、日曜日の予報も雨から曇りに変わり、レース当日の朝は予報通り曇り。願いが足りなかったのか...まあ、それほど暑くもないので問題は無し。

今年から街中に変更になったスタートラインには図々しくも最前列に並ぶ。しかも隣にはニシタニさん、タカオカさん、モリモトさんといった強豪の皆さま。スタート前に3人とも沖縄タイムスの取材を受けていたっけ...

おきなわ2010\tdo_c210_t-5

昨年より45分遅く7時45分にスタートし、R58に出るまではパレード走行。今年は出場人数も多く、集団の後方は危険と思い集団前方で走っていると、何度か先頭に出る場面もあった。このまま普久川ダムまでと思っていたら、今帰仁のマウンテンポイント手前の右コーナー(後にとみざーポイントと呼ばれる)でワタシの前を走る選手の後輪が流れ、コントロールを失った。タケヤ選手が回避するために歩道にジャンプし、ワタシはギリギリのところですり抜けたが、後ろで発生した落車に巻き込まれたとみざーが宙を飛び、頭から川(ドブ?)にダイブしたらしい。

おきなわ2010 瀬底大橋

この後も意識して前方位置をキープし、1回目の普久川ダムには10番目くらいで入ったが、強豪選手がペースを上げているようでキツく、徐々に集団から遅れ、遠ざかって行く30人くらいの集団を追う。ピークに近づくにつれ、集団からこぼれてくる選手と合流し、補給ポイントを通過し上りに入ったところでチェーンが外れる。乗ったまま復帰できず、一旦降りてチェーンを戻していると、20人くらいの集団が通過。この集団に乗るのと乗らないのでは天と地ほどの差があると思い、必死に追ってなんとか集団に入ることに成功。集団内を見回すとマスケンさんがいない。トラブルか?と心配しつつも奥の上り、2回目の普久川に備える。

おきなわ2010 普久川ダム

おきなわ2010 普久川ダム マスケン
落車から復帰し懸命に集団を追うマスケンさん

奥を越えたあたりでマスケンさんが現れた。見ると左ひじから血が出ている。普久川ダムの上りで落車に巻き込まれて負傷したらしい。背中にも怪我を負っているという。「体が痛くてもう走れない。後は頼む!」と言い下がって行った。周りを見渡すとマスケンさんと一緒に追い付いてきた選手たちで第2集団は50~60人になっていたようだ。

2回目の普久川はかなり脚にきていて、集団の後方で我慢の走りを続ける。「後は頼む!」と言ったマスケンさんは前の方で楽そうに上っている。これだから自転車乗りの言うことは信じられない。ワタシの我慢の走りもだんだん怪しくなってきて、集団の最後尾に落ちて、そして集団から少しづつ遅れてしまった。しかし、下りで追いつけるだけの距離は何とかキープして走り、集団から50mほど離れてピークを通過し、下りはチョット危険を冒して飛ばし、補給ポイントで集団に復帰することができた。普久川を集団で下り「さあ高江の上り」と思ったところで後輪がパンク。マスケンさんを含む第2集団はあっという間に見えなくなる。

後輪を外してサポートカーを待つが、なかなか来ない。最初に来たオートバイは前輪しか持っていなくて、2台目のオートバイはサポートした後だったようで前輪も後輪も持っていない。待っている間に目の前をひでジイ、Takaさん集団が通り過ぎ、オガワマコト集団が通り過ぎる。後輪がパンクして同じ場所でサポートカーを待っていた100kmクラスの選手は30分以上待っているという。「いらち」のワタシにはもう待っている限界。「もうおしまい」に気持ちが傾きかけたときにサポートカーが来た。が、後輪は1つしかないという。当然30分待っている選手に優先権はある。「先にどうぞ。」と言うとその選手は「自分は30分以上待っているのでタイムオーバーになるのは間違いないだろうから使ってください。」と言ってワタシに譲ってくれた。ありがたいことです。「もうおしまい」から「せめて完走」に気持ちを切り替える。Garminデータによるとサポートカーを待っていた時間は約12分。

ホイールを譲ってくれた選手と握手をし、スペアホイルを付けてスタート。
しかし、スペアホイールは練習でも絶対に使わないようなホイール+タイヤにシマノのスプロケット。ギアは12T-25Tっていう感じ。しかも一番使いたい17T、19T、21Tがワタシの使うカンパメカでは歯飛びして使えない。アウター×23Tとか、インナー×16Tとかでごまかしながら走る。周りには210kmの選手はいなくて、140kmクラスの脚が残っていそうな選手と回して行こうとするが、うまく回らずすぐに単独走になってしまう。

そんな時にチームメイトのニシムラさんが仕切る10人ほどの集団が追い付いてきた。これはとても心強かった。相変わらず使いたいギアが使えず、スプロケットをガチャガチャさせながらも集団内で走れたのはニシムラさんのおかげ。しばらくすると単独で走っていたオガワマコトを吸収し、さらに心強さが増す。

新コースに入ってもニシムラさん集団内で走り、最初の長い上りをクリア。残るのは最後の羽地ダム。しかし、ここで両方の内転筋が攣り思うように走れず、ダンシング、シッティングを交え苦しい走り。それでもニシムラさんから離れないよう、集団から遅れないよう、最後の力を振り絞りクリア。

おきなわ2010 羽地ダム

フィニッシュまでの平坦でも内転筋が攣りまくり、集団のケツで走るのが精一杯。最後の左コーナーを慎重に曲がり、流してフィニッシュ。

おきなわ2010 フィニッシュ

結果は目標にしていた19位には遠く及ばず116位。パンクから復帰して高江の上り、新コースの上り、全く走れず。これじゃパンクしなくても、マスケンさんがいた第2集団には残れなかっただろう。悔しいけれど「パンクも実力のうち」なんだな。
それにしても何があっても上位でフィニッシュするマスケンさんは凄いと思う。来年に向けて大きな目標ができた。

ツール・ド・おきなわ 2010 市民210km
116位 6時間1分18秒885

EDIT  |  21:38 |  レース  | TB(0)  | CM(6) | Top↑
2010.11/17(Wed)

ツール・ド・おきなわ 2010 

期待していた雨は降らず、曇り空の中をスタート。
強豪上位陣に混ざって最前列からスタートしたものの、2回目の普久川ダムからの下りでパンクし116位。不完全燃焼っていうか、悔しいっていうか...

おきなわ2010スタート
強豪上位陣+オヤジ
(写真:シクロワイヤード)

詳細は後ほど。

EDIT  |  12:42 |  レース  | TB(0)  | CM(14) | Top↑
2010.11/11(Thu)

雨 

おきなわまであと3日。
もうやることは無い。体調を整えてスタートを待つだけ。

ここ数年のおきなわは、雨・晴れ・雨・晴れというように一年おきに雨が降っている。そして今年の天気予報も「雨」。一昨年の集団大落車の記憶が蘇るが、ワタシは幸いにも、体、自転車ともほぼ無傷だった。

2005年 晴 32位
2006年 雨 20位 (オーバー46歳 1位)
2007年 晴 58位
2008年 雨 25位 (オーバー46歳 1位)
2009年 晴 83位

これからも明らかなように雨の時の成績が良く、晴れると大崩れ。
そして36歳~45歳、46歳以上でそれぞれ成績の良かった選手を主催者が勝手に表彰してくれ、デカイ楯をいただけるのだが、雨の時は共に1位。
ちなみに2006年はマスケンさん45歳のためオーバー46歳の対象外。2007年はマスケンさんが1位。2009年はコウサカ監督が1位。

雨よ降れ!

EDIT  |  15:27 |  自転車  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2010.11/08(Mon)

沖縄前最後の練習 

2010.11/07(Sun)

オーベスト練習に参加させていただく。
いつもの事ながら大盛況で40人近くが集合していた感じ。昨日、白河から自走で帰って来ていたマスケンさんも集合場所に。

4日にダウンし、5日は会社を休んで一日中休養、回復しきっていない6日は朝から宇都宮の工場に呼び出され、帰宅は午前1時。ほぼ3日間自転車に乗っていなかったのでボコボコにされるのを覚悟で練習に臨んだものの、思ったより走れた。が、こんな程度の走りではとうてい目標に届かないことは明らか。

かと言って、今更ジタバタしても始まらない。あとは体調を整えて、ベストの状態でレースに臨み、レースで自分をどこまで追い込めるか、ってことかな。

EDIT  |  16:34 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2010.11/05(Fri)

ダウン 

3日のOSMプチ打ち上げで少々飲みすぎたものの翌日はジテツウ。
しかし、稲城あたりでちょっと寒気がしてきて、体調が急降下。会社に何とかたどり着いたものの、頭痛、寒気、少しの吐き気で仕事にならず。早退する体力も無く、回復するためにひたすら休息を取る。

いつまでも会社で休んでいるわけにも行かず、自転車を会社に置いたまま18時に会社を出て帰途に着く。電車で立っている体力も無く、海老名-新宿、新宿-池袋、池袋-大泉学園は空いている席を見つけて座り、大泉学園からはタクシーで帰宅。

帰宅後はすぐに寝たものの今朝になっても頭痛は治まらず今日は会社を休む。

大丈夫か?沖縄。

EDIT  |  13:53 |  その他  | TB(0)  | CM(7) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。