04月≪ 2010年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.05/30(Sun)

スバルライン 

来週の富士ヒルクライムの試走のため、マスケンさん、コウサカ監督と7時30分に北麓公園で待ち合わせ。北麓公園の駐車場にはロードレーサーを積んだ車が何台も駐車している。その中の背の高い美人レーサーはカネコヒロミさんか?

霧雨が降り、気温も低めの北麓公園を7時50分に3人でスタート。

1合目を過ぎると気温はさらに下がり霧によって視界は50mくらい。濡れた路面からの跳ね上がりと気温の低さででニーウォマーしか付けていない脛が冷えて痛い。

スバルライン1

2合目を過ぎると、霧は晴れてきて、気温も少し上がってきている感じ。ウインドブレーカーを脱ぐ。

スバルライン2

そして4合目に近づくと、雲が切れて太陽が顔を出し、山頂がハッキリと見える。低く垂れこめていた雲を抜けたのだろう。このあたりで下ってくるタカオカさんとすれ違い。しかし、5合目は再び濃い霧の中。ちなみに料金所から計測したタイムは1時間16分。試走、霧雨っていうことを差し引いてもよろしくない。

スバルライン3   スバルライン4

5合目は霧が深かったものの、気温も10℃くらいあり、太陽が出ている4合目を下っている時は「もう1回上ろうか?」なんて話をしていたものの、3合目あたりから天気が急変。霧雨が降り視界は20mくらいしかなく気温も5℃を下回っている。上っている時よりも路面は濡れていて、霧雨とは跳ね上がりで体が冷える。

何とか料金所まで下ると、この日2回目(?)のクライムにタカオカさんが出発したところ。ワタシたちはと言うと、上りはいいとしても、こんなに寒い下りはもう無理っていうことで本日はオシマイ。ガストでランチを食べながら冷え切った体を温めて撤収。

スポンサーサイト
EDIT  |  17:20 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
2010.05/29(Sat)

北海道 

午前中に仕事を終わらせ名寄を脱出。昨晩は氷点下まで気温の下がった名寄だが今日は天気が良く暖かい。
飛行機の出発まで少し余裕があるので、名寄からドライブしながら旭川空港を目指す。

北海道
どこまでも真っ直ぐな北海道の道


最北の料金所
最北の料金所から高速道路に入る


大雪山
比布大雪山PAからの大雪山系


旭川ラーメン
ちょっと遅い昼食は旭川ラーメン


旭山動物園
オヤジが1人で動物園に行ってもつまらないので入口まで

旭川空港に着くと、「東京の天気は雨、気温15℃」という案内。やっと暖かいところに帰れると思ったのに、今日の東京は旭川より気温が低いのか...

EDIT  |  15:32 |  仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05/28(Fri)

えびの後始末 

どっかで聞いたタイトルだけど、「ツールドえびふりゃ~」で大きなダメージを受けた。

アレルギー

日焼け止めをたっぷりと塗っていたにもかかわらず、アームカバーとグローブの間、首筋、顔を「紫外線」にやられた。5~6年前に「紫外線アレルギー」が発症したワタシは油断しているとご覧の通り。紫外線が当たったところにキッチリと湿疹が出る。

皮膚科に行くと、「紫外線に当たらないように」なんて言うけど、自転車乗りのワタシには無理な話。

EDIT  |  21:02 |  自転車  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05/27(Thu)

4.5℃ 

旭川から北へ約80kmの名寄の気温は4.5℃。とっても寒い。早く帰りたい。

名寄

EDIT  |  19:57 |  仕事  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2010.05/26(Wed)

ツールドえびふりゃ~ 宴会ステージ&第2ステージ 

予定より早い17時に醍醐荘に着くと、チーム東海のあゆかさん、Takaさんがまだ着いていない。
「とりあえずビール」っていう人もいたようだけど、ワタシは風呂上りのビールをより美味しくいただくために「とりあえず風呂」。

風呂上りのビールを満喫しているとーム東海の2人が到着。ワタシたちの到着がもう少し遅いと思い、近くの温泉に浸かっていたらしい。全員集合したところで夕食が始まったわけだが、オヤジがメインのグループとは思えないほどの食欲を示し、ビールもたくさん飲んで、大いに自転車談義に花を咲かす。この時のために今日1日頑張ったのかもしれない。

えびふりゃ~ 宴会
(撮影:ちゅなどん)

夕食時間が終わりに近づいたころ、ひでジイと奥様が到着。ひでジイはTOJ修善寺ステージの審判を終えて醍醐荘に駆けつけてくれた。ひでジイはワインを、奥さまはフルーツの盛り合わせを持参してくれた。ここから宴会の場を部屋に移し、ワイン、ビール、日本酒、焼酎を飲みながら、フルーツをつまんで自転車談義がさらに続く。最高の時間である。

翌日は予報通りの雨。「雨でも濡れるだけ」というメンバーの統一した意志により、伊良湖岬のフェリー乗り場を目指して出発。

えびふりゃ~ 醍醐荘
(撮影:醍醐荘の人)

ナカザワさんのモーニングアタックに反応したのは女王あゆかとワタシ。3人で追い風に乗って飛ばす。「3人でひとつ早いフェリーに乗っちゃおうか」なんてことを言いながら飛ばしていたら、道を間違えた。だんだん道幅が狭まり、しまいには道路が砂で覆われ、行きどまり。自転車は砂まみれになり、ブレーキを掛けると「ジャリジャリ」音と共にリムが削れている。こうなったら走行は不能。トイレを探して3人で洗車タイム。

当然ながら洗車している間に後続には抜かされ、3人でひとつ前のフェリーに乗る野望は消えた。心配して待っていてくれたTakaさん、サポートカーのイシカワさんに集合場所である浜名湖弁天島のコンビニまで連れて行ってもらいメンバーと合流。

ここからは渥美半島を走って伊良湖岬を目指す。相変わらずの追い風に乗ってハイペース。45km/hを越えても、誰も遅れない。女王あゆかにはピッタリと付かれる。50km/h近くまでスピードが上がると、さすがに遅れるメンバーも出てくるけど、女王あゆかは遅れない。いくら追い風と言っても信じられない!

「ヒルクライムの女王」は平地でも速いのだ!

伊良湖岬に着くと雨風が強まり、「みんな口には出せないけど、止めたいと思っているに違いない!」と思い、マスケンさん、イシカワさんと協議の結果、ワタシたちは止めたくないけど、あえて「中止!」宣言をすることにした。そしたら敵もさる者(敵か?)、「え~!中止?、走りたいのに...」とか言いながら、ニコニコして着替え始めた。みんな中止にしたかったのはミエミエであった。

そうなったら、自転車を輪行バッグに詰めて、昨日の宴会の残りのビールを車から引っ張り出し、宴会の始まり。

えびふりゃ~ フェリー
フェリー宴会

えびふりゃ~ ハイエース
ハイエース車中宴会

スーパー銭湯(名古屋が発祥の地らしい?)での宴会では、「どえりゃ~うみゃあ~えびふりゃ~」をみんなで手にして記念撮影。「ツールドえびふりゃ~」の目的が達成された瞬間。
えびふりゃ~ スーパー銭湯
スーパー銭湯宴会

えびふりゃ~ めーえき  えびふりゃ~ めーえき輪行

東京帰り組の新幹線の時間もあるので、スーパー銭湯宴会を後ろ髪を引かれる思いで切り上げ、めーえきで解散。
この後、東京帰り組のナカザワさん、マスケンさん、オガワさん@Fitte、オガワ@パイン、ワタシの5人で新幹線車中宴会で本日の締めとしました。

ツールドえびふりゃ~第2ステージの走行距離 : 87km

EDIT  |  20:28 |  自転車  | TB(0)  | CM(19) | Top↑
2010.05/24(Mon)

ツールドえびふりゃ~ 第1ステージ 

「ツールドえびふりゃ~」

えびふりゃ~    えびふりゃ~

名古屋に帰ったあゆかさんに会って、「どえりゃ~、うみゃぁ~、えびふりゃ~」を食てチョ~」ってことで、途中、ひでジイの地元である磐田で一泊し、名古屋まで自転車で走るツーリングが、その名も「ツールドえびふりゃ~」。エントリーしたメンバーは、自転車歴30年超の「偉人」もいるし、自転車歴6ヶ月の「オヤジ」もいるし、全く統一感なし。しいて言えば「お酒大好き」ってところか。

「ツールドえびふりゃ~」のスタートは平塚の花水レストハウス6時。ということでワタシの場合、2時30分起床、3時家出。東京出発組の集合場所である東八道路のドンキホーテに行くとまだ営業中。こんな時間に起きているのはドロボーくらいしかいないんじゃないかと思う。

えびふりゃ~ ドンキ  
まだ閉店していないドンキ前にWオガワ、ワタシが集合

3人で花水レストハウスまで走り、いよいよ「ツールドえびふりゃ~」のスタート。花水レストハウスをスタートすると、統一感の無いメンバーとは思えないほどスムーズに走り、7時前には箱根湯本に到着し、早朝ヒルクライムの開始。

えびふりゃ~ 箱根湯本
箱根湯本のコンビニで休憩。まだ7時。
(撮影:ちゅなどん)

「ツールドえびふりゃ~」の最難関と思われていた「箱根越え」も「振り出しに戻った」1人を除いて、大きく遅れるメンバーもなく順調にクリアし、芦ノ湖のコンビニで休憩。ちなみに国道1号の最高地点通過は、マスケンさん、オガワ@パイン、ワタシの順番。

えびふりゃ~ 芦ノ湖1  えびふりゃ~ 芦ノ湖2  えびふりゃ~ 芦ノ湖3

えびふりゃ~  芦ノ湖5  えびふりゃ~  芦ノ湖6  えびふりゃ~  芦ノ湖7
芦ノ湖から箱根道の駅に向けての軽い上り。みんさんまだまだ余裕あり。
(撮影:カツラねーさん)

えびふりゃ~ 下り1  えびふりゃ~ 下り2  えびふりゃ~   下り3

えびふりゃ~   下り4  
三島への気持のイイ下り(撮影:カツラねーさん)

三島まで下ると磐田までは平坦基調。追い風に乗って35km/hくらいをキープし、昼食予定の由比には予定より早い11時30分に到着。由比漁港で桜エビのかき揚げ、しらすどんぶりなどを食す。 

えびふりゃ~ 由比
(撮影:ちゅなどん)

由比でお腹を一杯にした後は、清水、静岡を経由し、大崩海岸を経て焼津に。ここまで来れば磐田はもうすぐ(?)大崩海岸の海上橋を渡ったところで記念撮影。

えびふりゃ~ 大崩海岸
(撮影:駐車場にいたおにーさん)

焼津のコンビニに到着した時点で花水レストハウスからの走行距離は約130km。遅れそうになるメンバーを余裕のある人がサポートしながら、大きく遅れるメンバーもなく、サポートカーのお世話になるメンバーもなく、メカトラブルもなくいたって順調に進む。あとは金谷峠を越えて、掛川でナカザワさんと合流し、磐田にゴールするだけ。

えびふりゃ~ 金谷1  えびふりゃ~ 金谷2  えびふりゃ~ 金谷3  

えびふりゃ~ 金谷4
(撮影:カツラねーさん)

金谷峠を越えて掛川でナカザワさんと合流。足がフレッシュがナカザワさんがペースを上げるだろうと予想していたら、案の定ナカザワさんが少しペースを上げた時、「ナカザワさんが行ったで~!」という女性の声が後ろから聞こえてきた。これについ反応してしまい、一気にペースが上がってしまった。ナカザワさん、マスケンさん、オガワさん@Fitte、オガワ@パイン、タカヲちゃん、ワタシの6人で45km/hオーバーでの巡航が続く。「ツールドえびふりゃ~」はツーリングのはずなのに...

結局、掛川から磐田までツーリングとは思えない、時には50km/hを越える練習よりキツい高速巡航が続き、予定より大幅に早い17時に醍醐荘に到着。

ツールドえびふりゃ~第1ステージの走行距離 : 265km

EDIT  |  21:20 |  自転車  | TB(0)  | CM(5) | Top↑
2010.05/21(Fri)

東峠 

昨日までいた釧路と同じ国かと思うほど今日は朝から暑かった。
明日からの「えびふりゃ~」に向けて、宿谷林道、東峠で軽く足慣らし。

東峠

へび
道の真ん中ででかい蛇が出迎えてくれた。

本日の走行距離 : 94km

EDIT  |  19:17 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05/19(Wed)

開花宣言 

出張で来ている釧路の最高気温は連日一桁。
そんな釧路に開花宣言が出た。

EDIT  |  22:40 |  仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05/15(Sat)

準備は整った 

準備は整った。
明日、早起きして「ホテルでローラー台」を実践することにしよう。

ホテルでローラー台

EDIT  |  22:23 |  自転車  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05/14(Fri)

違和感 

「米子から送った自転車」、「自宅から送ったローラー台」、「ハンドキャリーしたホイール」が釧路のホテルに勢ぞろいした。
こうしてホテルの部屋で見ると、かなりの違和感。

ローラー台

でも、これで「ホテルでローラー台」が実現できる状況が揃ったわけで、やるきゃないでしょう!

EDIT  |  22:45 |  自転車  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05/12(Wed)

釧路 

釧路は雨、気温5℃。
桜もまだ咲いていないし...釧路の春はまだまだ遠いのだ。

EDIT  |  17:43 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05/12(Wed)

ホイールバッグ 

今日から20日まで釧路に出張。

ホイールバッグ

とても仕事に行くとは思えない...
まぁ、いいか!

EDIT  |  12:56 |  仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05/11(Tue)

自転車だけが... 

山中湖にはSpecialized、SCOTT(TTバイク)、Giantの3台を持参した。

Specializedはトリクラ用。
SCOTTは岐阜でのTTトレーニング用。
Giantは米子支部の皆さんとの早朝クライム用。

しかし、トリクラが終わってから体調を崩し、岐阜では全く乗れず。Giantは予定通り岐阜から米子へ宅急便で送った。
今朝の予定だった早朝クライムは昨晩からの雨で中止。米子支部の皆さんと走れるのを楽しみにしていたのに残念。
そして、明日から8日間釧路へ出張なので、Giantは輪行バッグから出されることなく、そのまま釧路へ宅急便で送った。

Giantは輪行バッグから出されることなく、全国を飛び回っている。

釧路へは最近購入したミノウラのV270という静かなローラー台を持って行くつもり。この時期まだまだ寒い釧路、まずホテルの部屋で乗ってみようと思う。隣近所の部屋からクレームが出たら、いよいよ「駐車場ローラー」を実践することになるのか?

EDIT  |  18:21 |  自転車  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2010.05/09(Sun)

埼玉TT 

「女王あゆか」から「ローズビーム」(ロン毛ビームとも言う)を長時間浴び、中身が抜けちゃった状態から回復できず、出走すら躊躇していた埼玉TTに出場。

トリクラ

トリクラ翌日の6日からは自転車に乗るどころではなく、水を飲んでも吐き気がするほどで、食欲も無く、調子は最悪。チームTTにエントリーしていなければ間違いなくDNSにするところ。

で、早めに会場に入り試走をするが、自転車に乗るのはあれ以来。今年はメンバーも濃く、どうなることかと思いながらスタート。そしたら意外に走れる。午前中に行われた登録クラス個人TT(距離20km)は10位(65人エントリー)。

午後から行われたチームTTのメンバーは、現パインヒルズチャンピオン・ニイヌマ、コウサカ監督、ワタシの3人。メンバー的には十分に上位を狙えるが、ワタシの体調は良くないので、できたら3位、悪くても6位という目標でスタート。

スタートからワタシよりむしろニイヌマの調子が良くない。ニイヌマが先頭を引く時間が短く、コウサカ監督、ワタシに負担がかかる。それでも10km地点の折り返しまでは3人で走ったものの、折り返して間もなくニイヌマが消えた。ここからコウサカ監督と2人での苦しい走りになり、なるしまフレンドチームに約30秒及ばず3位でフィニッシュ。

2010埼玉TT
おめでとー!カネシロさん、ヤマケン。
でも2人のうれしそうな笑顔にちょっとジェラシー。

登録クラス個人TT(距離20km) : 10位(65人エントリー)
登録クラスチームTT(距離20km) : 3位(22チームエントリー)

EDIT  |  18:20 |  レース  | TB(0)  | CM(6) | Top↑
2010.05/07(Fri)

ダメージ 

2010.05/06(Thu)

トリプルクライム(日没によりダブルクライム)の後、Takaさん、あゆかさん、ヨメの両親、ワタシで山中湖マンションに後泊したのだが、食事もあまり食べられず、缶ビール1本でダウン。6日は出張のため山中湖から岐阜に行かなくてはならないため早めに就寝。

6時に目覚まし時計が鳴るものの、吐き気、頭痛、めまいで起きられず。まるで二日酔いのような症状。朝食を食べるTakaさん、あゆかさんを布団の中から見る。浜松に帰るTakaさん、あゆかさんを見送った後、少し寝れば良くなるだろうと思い、布団の中に逆戻り。気がつくと9時30分。

あわてて岐阜の客先担当者に連絡を取り、約束を明日に延期してもらえないか確認する。OKの返事をもらい、安心して再び布団の中へ。結局18時まで寝ていてもあまり良くならず、19時に岐阜に向けて出発。休憩しながら23時に岐阜に到着。

現在、5月7日20時。未だ完全に回復していない。

これは、スカイラインで後ろから「女王あゆか」が何かのパワーを発していたからに違いない。恐るべし、「女王あゆか」パワー。

EDIT  |  20:00 |  その他  | TB(0)  | CM(7) | Top↑
2010.05/07(Fri)

トリブルクライム 

2010.05/05(Wed)

あざみライン、スカイライン、スバルラインの3つで、5合目まで3回上るっていう「トリブルクライム」のスタートである山中湖に集まったのは、総勢10人+サポート2人。

8時に山中湖をスタートし、軽く籠坂峠を越えて、1回目のあざみラインへ。
今回の「トリブルクライム」は、名古屋から参加する「女王あゆか」に負けたら「ボーズ」か「ロン毛」っていう罰則があるらしい?にもかかわらず、「私、女の子だから、あざみラインはパスするわ。スカイラインとスバルラインで勝負しましょ。」なんていう女王の言葉を真に受けたのが大きな間違いだった。

初めてのあざみラインは噂通りの激坂。「前輪が浮く」っていうのは本当だったが、eibinさんに次いで2番目に5合目着。須走まで下ったところで「女王あゆか」が参戦。R138を右折し、自衛隊滝ヶ原駐屯地を過ぎると、2回目のスカイラインに向けての上りが始まる。

しばらく上ると、マスケンさん、eibinさん、Takaさん、ワタシ、そして「女王あゆか」の5人になる。最初に「女王あゆか」が遅れ、少しだけ安心するが、マスケンさんから「こっちがバテたら絶対にやられるぞ!」と檄が飛んだ直後、足が止まった。というより、呼吸が苦しくなり、足が止まったっていう感じで、単独走になってしまった。「これはヤバイ」と思いながらも、コースが直線になるごとに振り返って「女王あゆか」の姿が見えないことを確認。

しかし、ゲート数キロ手前で振り返ると、Fitteジャージのオガワさんと、白っぽいジャージの2人が見えた。我が目を疑い何度か振り返ると、白っぽいジャージはパインヒルズのジャージのようである。下は黒いタイツ。間違いない「女王あゆか」が迫ってきたのである。

ゲートを通過する時には、2人との差はほんの数十メートルにまでなっていた。「2人と合流して勝負に徹しようか」とも思ったが、その差は縮まらない。泳がされているのか?相変わらず後ろを振り返りながら苦しい走りを続けていると、前にマスケンさんが見えた。20mくらいまで近づいたところで、マスケンさんがペースアップ。この無理がマズかった。

2人はすぐ後ろ。ワタシはいっぱい。残りは8kmくらい。「ロン毛」が脳裏に浮かぶ。

5合目に近づくにつれて、コースがつづら折れになってくると、2人はすぐ下に見える。残り距離標識だけを見て、とにかく我慢の上り。残り0.6km標識あたりで振り返ると、1人が迫ってくる。オガワさんか?「女王あゆか」か?もう一度振り返って良く見ると、オガワさんのよう。誰であろうと、反応できる状態ではない。オガワさんの抜かされ、精根尽き果てて5合目着。1分ほど遅れて「女王あゆか」が余裕のゴール

スカイライン1    スカイライン2
この写真を見る限り負けているのは間違いなくワタシである。
(撮影:ちゅなどん)

スカイライン3
5合目到着後、しばらく動けず。女王の言葉を真に受けたことを激しく後悔する。
(撮影:ちゅなどん)

その後、日没時間の関係でスバルラインがキャンセルになったのは幸いだった。っていうか日没にならなくても自ら辞退していただろう。絶対に。

EDIT  |  18:59 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2010.05/02(Sun)

都民の森往復 

「ロン毛」にならないために、少し長めの上りを走っておきたくて、都民の森を往復。

二ツ塚峠を上っている時から足がとても重い。パワーも全然出ない。
富士山でアユカさんに置いて行かれるイメージが浮かび、置いて行かれるワタシの髪の毛は長い。

本日の上昇は1,495mだっていうのに、帰宅後の疲労度はかなりなもの。5日は5,000m上らなきゃいけないのに...

本日の都民の森往復 : 144km

EDIT  |  15:01 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(6) | Top↑
2010.05/01(Sat)

大阪から帰って彩湖 

大阪での仕事を昨日中に終わらせ、8時の新幹線で帰京。
帰宅後、天気も良いし、5日に向けて少しでも乗っておきたいっていう気持ちもあり、彩湖へGO。

彩湖で下ハン固定、ノンストップで1時間30分。

かなり効いた。

EDIT  |  20:37 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。