06月≪ 2009年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.07/31(Fri)

危機一髪 

大宮駅から乗った金沢行き特急。気持ちの良い揺れ、気持ちの良い酔い、となると寝るのは必然。

「ハッ」と気が付くと駅に停車している。半分寝ぼけて駅名を確認すると「高崎」。
一気に目が覚め特急から飛び降りた。まさに危機一髪だった。

降り損ねたら次の停車駅はどこだったのだろうか?
その停車駅の近くにはホテルがあったのだろうか?

危ない、危ない。

スポンサーサイト
EDIT  |  17:58 |  その他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.07/31(Fri)

赤羽 

マスケンさん、イノウエさん、ワタシの3人で飲んだ。
修善寺5時間耐久レースの表彰台に乗った3人の「お疲れさま飲み会」だ。
マスケンさん、イノウエさん、沖縄への思い入れ、レースに対する思い入れなど語ることが熱い。

出張先の高崎からの参戦だったが、飲み会終了後、マスケンさんはママチャリで帰路に着いたものの、ワタシは高崎に帰る手段がよくわからない。

とりあえず大宮まで来て、金沢行きの特急に乗ってしまったのだが大丈夫なんだろうか?
EDIT  |  00:11 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/29(Wed)

雨 

高崎までジテツウするつもりが、起きるとかなり激しい雨。
いくら協力会社とはいえ、雨でぐちょぐちょになった姿で訪問するのは失礼だと思い躊躇なくジテツウを断念し二度寝。

もっとも雨が降っていなくても汗でぐちょぐちょになって訪問したことも数知れないのだが...

EDIT  |  22:11 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/28(Tue)

明日から 

いよいよ明日から3週間出張の始まり。
前半は8月中旬に納める装置の試運転のため高崎に滞在。

ということで明日は高崎までジテツウ。
最短距離だと約90km、山伏峠、長瀞あたりを経由すると約130km。どちらのルートにするか悩ましいところである。

EDIT  |  23:06 |  仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/27(Mon)

有言実行? 

さいたまチャリチャリ祭りで協賛していたマクドナルドからムスメが副賞としていただいたTシャツ。

mac

マクドナルドのイメージキャラクターである北島康介の「デカいことを言おう、自分を変えるために」というメッセージから作られたTシャツだと思う。まさに「有言実行」っていうこと。

デカいことを言ってしまったワタシはヤれるのか?
この言葉、心に刻んでおくことにしよう。

EDIT  |  22:53 |  その他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.07/26(Sun)

さいたまチャリチャリ祭り 

大宮競輪場で行われた「さいたまチャリチャリ祭り」に家族を連れて行ってきた。
会場に入ると知っている顔がちらほら見える。主催者の飯島則之選手、埼玉県登録の飯田威文選手夫妻、JCRCの山岸さん、吉田さん、河合さんもスタッフとして会場内におられた。スタッフTシャツを着たイシヅカが受付にいたのには少々驚いたが...

バンクでは高校生の競輪レース、スクラッチレースなどが行われ、場内ではヤッターマンショーが行われたり、スーパーボールすくいがあったり、ちょっとしたお祭り気分。

本日の我が家のメインイベントは小学校3年生のムスメがエントリーしたジュニアチャレンジレース。このレースはバックストレートを使った直線80mレース。4人づつのグループで予選4レース行われ、各グループの1位は決勝に進み、決勝レースの1位から3位は表彰される。

ちゃりちゃり
4コース、青ゼッケンがムスメ

うちのムスメ、予選はぶっちぎりの1位通過。
レース前、「ゴールだけを見て思いっきり走れ!」という指示の成果か、自分が何着でゴールしたかわからなかったらしい。

決勝レースは残念ながら3位だったものの、表彰式に出て銅メダルをもらい、ヘルメットやTシャツなどの副賞をもらって大喜び。

家に帰ったムスメは「競輪選手になりたいなぁ」なんて言っていた。久しぶりに家族で出かけた休日は楽しかった。

EDIT  |  22:01 |  その他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.07/26(Sun)

修善寺5時間耐久レース 

やはり、走った後も気分が悪くなった。

午前中は時折雨も降り、気温も低め。このまま少し涼しい中でレースができたら...という思いもむなしくスタートの12時には青空が広がり気温が上がった。

ソロ、2人、3人など全てのクラスが同時スタート。2号橋までのローリングが終わると(今日は右回り)あっという間に集団は10人ほど。ソロエントリーのエンデューロ職人のマスケンさん、ホリさん(なるしま)はもちろん集団内。エンデューロビギナーのワタシも何とか集団内に残る。しかし、ワタナベさん(カネコイングス)、タカハシさん(Team Kids)、イノウエさん(シナジー)らは集団内にいない。

そこからホリさんがチームエントリーの選手と共に先行。マスケンさん、ワタシは付けず。さらにマスケンさんが遅れる。レースはまだ始まったばかりだけど、ソロエントリー選手の中でワタシが2番目で単独で走っていることになった。

単独で数周走ると、ホリさんに追いついた。ホリさんと2周ほどランデブーした後、ホリさんが遅れた。ということはワタシがトップ。しかしこの時点で1時間経過ばかり。まだまだ先は長い。

14周を過ぎたころ、タカハシさんが追いついてきた。暑さと、疲れでペース走しかできない状態だったワタシをパスして行くタカハシさんに反応できず。すぐに後ろ姿は見えなくなった。再び2番目に転落。

しかし数周走ると前にタカハシさんが見えてきた。どうやら軽い熱中症状態になり失速したらしい。これでまたもやトップに。少し力が戻った気がしたけど残りはまだ2時間ある。

「優勝」がちらつき始めた残り1時間、「やっと追いついた~!」という言葉とともにマスケンさん登場。少し言葉を交わすのが精一杯。何もできません。

あと1時間、何としても2位をキープしたい。周回遅れかどうかわからないけど、ソロエントリーゼッケンの選手をチェックしながら走り、27周=135kmを走ってフラフラになってフィニッシュ。

ソロクラス
優勝:マスケンさん
2位:ワタシ
3位:イノウエさん

それにしてもキツいレースでした。しばらくは修善寺は走りたくないです。

EDIT  |  00:03 |  レース  | TB(0)  | CM(6) | Top↑
2009.07/23(Thu)

修善寺5時間耐久レース 

なぜか出ることになってしまった。

エントリーしていたマスケンさんのチームメイトが出られなくなり、選手変更届けを出して急遽出場することになったのである。体の準備も心の準備も出来ていないし、暑さにはからきし弱いし、どうなることやら...

1人だと5時間で27周くらい走れるらしい。
真夏に修善寺を27周。しかもスタートは正午。考えただけで気分が悪くなってきた。

EDIT  |  15:43 |  レース  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.07/20(Mon)

起きられず 

朝起きられず、というか起きる気が無かった。

走るコースを決めず9時にとりあえず家を出た。都民の森往復というコースも考えたけど、無意識のうちに物見塚の交差点を右折していた。

岩蔵温泉-吹上トンネル-小沢峠-山伏峠-正丸峠-刈場坂峠-白石峠-都幾川-物見山-川越-大泉

Sさんに感化されたワケではないけれど、正丸峠頂上まではアウター(50T)×16固定で上ってみた。山伏峠の急勾配では5km/hを下回り、足を付きそうになった。

アウター固定で小沢峠、山伏峠、正丸峠を上ったためか、アウター固定を解除した刈場坂峠はいつもより2枚軽いギアで上れた。筋トレするより効果があるのか?

本日の走行距離 : 136km

EDIT  |  17:13 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/20(Mon)

全日本実業団サイクルロードレースin石川 

2009.07/19(Sun)

東北道を走っていると宇都宮あたりから雨になった。レース会場の石川町に着いても雨は止まず、雨の中のレースを覚悟してBR-1クラスのスタート地点となる学法石川高校で受付、出走サインを済ませる。

学法石川高校でスタートを待っていると、雨は止み太陽が出てきて、いきなり暑くなってきた。暑いの苦手だし、日焼け止めは塗っていないし、不安いっぱいでスタート。

レースは13.6kmの周回コース×5周+7km=75kmで行われるのだが、「先頭選手から5分遅れたら失格」という厳しいルール。しかもラスト1周のチェックポイント(S/Fライン)を5分以内で通過しても、先頭選手から5分以内にフィニッシュできなければ失格なのだ。

スタート後のパレード走行が終わり、上りに入ってしばらくするとレースがスタート。一気にスピードが上がり、かなりキツイ。

暑さに弱いのか...
前日の疲れが残っているのか...
単に弱いだけなのか...

間違いなく単に弱いだけなんだろうけど、「上りで下げたポジションは下りで取り戻す」っていう走りで、何とか集団に残る。ラスト1周のジャンが鳴ったときには集団は30人ほどまで小さくなり、ワタシもしぶとく集団に残りラスト周回に入る。レース後の情報によるとこの時点で数名が逃げていたらしい。

こうなるとラスト4kmから始まる上りで勝負は決まる。とは言っても、もう足が残っていない。が、集団内でラスト1km地点まで行ければチャンスはある。

しかし集団に残れないのが今の実力。ラスト3kmで切れた。3kmで5分遅れることはないと思うが、ここからも全力で集団を追い、ラスト200mは回りに誰もいないのに腰を上げて踏んでフィニッシュ。

結局エントリー102人中、完走者32人というBR-1(昨年までのBR-2に相当?)クラスではかつて無いほどの厳しいレースになった。

ワタシの成績 : 29位 (+2分)

EDIT  |  16:40 |  レース  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/18(Sat)

ツールド大山 

昨日は米子地区3大レースの一つ、「ヒルクライムin大山」のコースを一人でタイムアタック。そして今日は3大レースの一つ、「ツールド大山」のコースを米子支部のメンバーと一緒に走った。

「ツールド大山」は標高800mにある大山スキー場をスタートし、大山中腹を左回りに1周するレースで、毎年5月に行われている。距離は75kmながら、途中いくつかの峠を越えながら約2,000m上るなかなか厳しいコースである。コースは厳しいけれど左手に雄大な大山を常に見ながら走るのはとても気持ちが良い。

アダチさん、ハセガワさん、ナガセさん、ワタシの4人で8時に大山スキー場を出発。スタートするといきなりのダウンヒル。直線基調のダウンヒルは800mから一気に300mまで下る。ここで最高時速75.6km/hを記録。自転車歴数ヶ月、オーバー50歳のアダチさん、ダウンヒルがおそろしく速い。75.6km/h出しても追いつけず。

下った後は当然上りが待っている。本日のチマコッピ、標高1,000mの「鏡ヶ成」までアップダウンを繰り返しながら上る。天気も良いし、景色も良いし、最高です。

鏡ヶ成を越えると、今度は船上山への上り。頭上の屏風岩がどんどん近づいてくるヒルクライムは苦しいながらも、絶景を望みながら仲間と走る格別の楽しさがある。

船上山を下るとそこは標高300m。スタート地点のスキー場まで途中2つの峠を越え、無事ゴール。ゴール後、明日「全日本トライアスロン皆生大会」が開催される皆生温泉で汗を流した。

米子支部の皆様、お疲れ様でした。次に一緒に走れる機会を楽しみにしています。山、海、温泉といった自然に囲まれ、練習フィールドには事欠かない米子っていうのは本当に良いところですね。

EDIT  |  20:08 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.07/17(Fri)

ヒルクライムin大山 

13時に仕事が終わり、同行していた会社のボスはそのまま帰京。仕事が終わったのでワタシも一緒に帰れるんだけど、明日は米子支部のメンバーと走行会の予定があるので、ワタシの帰京は明日の走行会が終わってから。

ということで午後はフリーになり、朝から降っていた雨も上がったので軽く走ることにした。が、走り出すと小雨が降り出した。気温も高いし、昨日、一昨日、と体内にたっぷり蓄積されたアルコールを抜くためにも、そのまま大山に向かった。

で、今日は米子地区の3大レースの一つ、「ヒルクライムin大山」のコースをタイムアタックしてみた。14kmで700m上るコースは序盤の勾配が緩い分、後半の勾配はややキツめ。スタートしてすぐアセトアルデヒドを含んでいるであろうイヤな汗が滴り落ち、ペースは上がらず。それでも序盤の緩勾配はそこそこのスピードで走れた気がするけど、後半は全くダメ。

今日はビールを飲まず、明日の走行会に備え早く寝なくちゃ。

ヒルクライムin大山タイムアタック : 44分10秒
本日の走行距離 : 58km

EDIT  |  18:56 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/16(Thu)

出張月間 

昨日は富山に出張。
富山行きの飛行機は本当に景色がきれい。富士山、山中湖、河口湖の上空を飛び、諏訪湖の上空へ。眼下には諏訪湖から霧ヶ峰へ上る道やビーナスラインがはっきりと見える。座席は左窓側がおすすめ。

で今日は富山から米子に電車で移動。
富山から特急サンダーバードで京都へ、京都から新幹線で岡山へ、岡山から特急やくもで米子へ。所要時間7時間。

この先1ヶ月、出張の予定が21日間。毎年のことながら夏の出張月間が幕を開けた。

EDIT  |  14:18 |  仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/13(Mon)

向かい風、追い風 

今日のジテツウの行き向かい風。町田を過ぎると風はさらに激しくなった感じで、横風でふらついたり。向かい風に押し戻されたり。

帰りは得てして風向きが変わって、再び向かい風っていうことが良くあるんだけど、今日の帰りは激しい追い風。ちょっと踏んだだけで軽く40km/hオーバー。気分はカンチェラーラ。

気持ちの良いジテツウ帰りでした。

EDIT  |  23:09 |  ジテツウ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/12(Sun)

雛鶴峠往復 

オーベストの雛鶴峠往復練習に参加させていただいた。
相変わらず凄い人数だ。先発隊、本隊を合わせると40人は超えているか?しかも今日は面子がとても濃い感じ。

案の定ペースが速い。高尾駅を過ぎたところでPOLARを見ると47km/h。あり得ない。でも全開で付いて行く。大垂水の上りに入ってもペースは速い。相変わらず全開で付いて行く。比較的前のほうで頂上を通過したものの、もう終わったっていう感じ。

ここからが練習なんだけど、どうにも体が動かず雛鶴峠は全く走れず。かなり早い段階でニシタニさん、ニシゾノさんが折り返してきたので迷わずUターン。が、下りも走れず。集団最後尾をヒラヒラ走り、信号ストップに助けられながら、復路の大垂峠に。

前半は、そこそこだと思っていたものの、終盤でズブズブと抜かされ、戦意喪失。休憩場所の高尾のコンビニに何とかたどり着く。

本日の走行距離 : 152km

EDIT  |  19:22 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/11(Sat)

シマダさん 

大泉-岩蔵温泉-赤根峠-東峠-R299-顔振峠-グリーンライン-刈場坂峠-正丸峠-山伏峠-小沢峠-バーディGC-岩蔵温泉-大泉

体の疲れか、連日のTDF夜更かしか、朝起きられず。家を出たのは8時30分。
赤根峠を上っていると、前からOチームのシマダさんが一人で下ってきたので、軽くご挨拶。
その後、裏ヒガシ峠(ヤビツ峠に習って東吾野駅側からを表ヒガシ、原市場側からを裏ヒガシと呼ぶことにする)を上った後、R299から顔振峠へ。

久しぶりの顔振峠はキツかった。グリーンラインのアップダウンもキツかった。刈場坂峠から再びR299に下り、正丸峠の上り。ここは勾配が緩く、気持ちよく上れるので、表ヒガシとともに好きな峠の一つ。

正丸峠を下っていると、再びシマダさんと遭遇。今度は手を挙げて大きくご挨拶。1日に2度会うなんてちょっと珍しい。山伏峠の頂上からは、いつものコースを走り所沢まで。

走りながら気が付いた。今日11日は慶の月命日。もう10ヶ月経ったんだな...なんて思いながら帰りに慶のお墓参りをした。

本日の走行距離 : 148km

EDIT  |  17:45 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/09(Thu)

上野で飲み会 

2009.07/08(Wed)

「電力会社ローディー」の飲み会に混ぜてもらいました。
電力会社勤務でないのはワタシとダイスケ選手の2人でしたが、紹興酒を飲みながら自転車の話で大いに盛り上がりました。

・平均睡眠時間3時間
・午前2時から練習
・7時に出社

というタグチさんは強烈でした。同じレースを走る時にはよろしくです。

EDIT  |  23:15 |  その他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.07/07(Tue)

107km/930m 

本日のジテツウ。
行き: 距離 52km/上昇 415m
帰り: 距離 55km/上昇 515m

明日は都合により電車通勤なので、今日は少々長めに走ってみました。

EDIT  |  23:02 |  ジテツウ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/06(Mon)

JAPAN CUP 

今日は宇都宮に出張。とりあえず車に自転車を積んで出発。

客先での仕事が14時に終わった。
自転車も持ってきたことだし、せっかくなので森林公園に行きJAPAN CUPのコースを軽く走った。
鶴CCの上りはカットして、JAPAN CUPの最終周回を4周、あまり追い込まず、かと言ってサイクリングペースでもなく、古賀志林道の上りを確認するように走った。

JAPAN CUP

昨年のJAPAN CUPは完走はしたものの成績なし。今年は何としても成績を残したいものだ。

EDIT  |  21:50 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/05(Sun)

実業団富士スピードウェイ 

2009.07/04(Sat)

雨を覚悟していた富士SPWまでの自走は天気予報が見事にハズレ、晴れ間が出るほどの天気になった。
日野橋に集まったのは、ナカザワさん、オガワ、マツムラさん、トモエ、ワタシの5人。オガワに車の運転をお願いし、残る4人は富士SPWに向かう。

「レース前日なのでサイクリングペースでゆっくり」という話でスタートしたのだが、走り出してみると年に1回あるかないかくらいの調子の良さで、苦しいながらも気持ちよく走れた。

コース:
日野橋-大垂水峠-牧馬峠-山伏峠-山中湖-籠坂峠-須走-富士SPW(受付)-明神峠-三国峠-山中湖

調子が良かったとはいえ、高強度で走行距離120km、上昇2,600mっていうのはやりすぎたか?
少々やりすぎた練習の後は、山中湖の石割の湯で汗を流し、5年ぶりくらいになるトモエとの再会を祝してナカザワさん持参のワインで乾杯。明日は5時起床だっていうのに話が盛り上がり、少々飲み過ぎたうえに寝たのは12時過ぎ。
走り過ぎ、飲み過ぎで明日は大丈夫なのか?


2009.07/05(Sun)

5時起床がとてもキツイ。何とか起きたものの頭が重い。もっと早く切り上げて寝ればよかったと思うけど後の祭り。改めて意思の弱さを痛感する。

富士SPWに着いても完全に覚醒しないまま、オガワ、マツムラさんが出場するERクラスを観戦。
このレース、昨年もゴール前で大落車があったので、何らかの対策がされているのかと思いきや、何もされていないどころか、ゴール200mくらい手前から中央にパイロンを置き、コース幅が半分にされている。
嫌な予感でレースのフィニッシュを見ていたら、案の定落車発生。「バキッ」という音と共に、自転車が空中を舞い、フレームが真っ二つになった。

こんなシーンを見てしまうと、昨日の無茶な行動もあいまって、レースに出ることさえも嫌になってくる。
「せっかくここまで来たんだし、集団から切れたらレースを止めよう」くらいの気持ちでスタートすると思ったよりも体が動き、集団内でゴールスプリントに加わることができた。
が、スプリント体勢に入った直後、「バキッ」という音がやや後方で聞こえた。2週連続の落車なんて洒落にもならないので、その後は安全にもがき、20着くらいでフィニッシュ。

スタートが早かったので、レースが終わってもまだ9時。自転車で籠坂峠を越えて山中湖に戻りシャワーを浴び一休みした後、忍野にある「渡辺うどん」で昼食を食べ帰路についた。

EDIT  |  22:34 |  レース  | TB(0)  | CM(5) | Top↑
2009.07/04(Sat)

雨? 

明日は実業団富士スピードウエィに出場。

ということで、今日は練習を兼ねて富士スピードウェイまで自転車で行くことを計画していた。しかし昨日の夜は雨、そして昨晩時点での今日の予報も雨。「雨でも自転車で行きますが、良かったらお付き合いください。」と声を掛けると、明日のレースに出場するるオガワさん、マツムラさん、レースには出場しないもののナカザワさん、さらにトモエさんが付き合ってくれるということになった。

「雨でも走る」と決めると、天気は気にならなくものだが、朝起きると雨は降っていない。雨が降っているより、降っていないほうが走りやすいことは間違いないので、まぁ良かったかな。

ところで、今日付き合ってくれるトモエさん、5年ぶりくらいの再会になるだろうか?一緒に走るのが楽しみ。フランスでのパティシエ修行(?)の話も聞きたいし...

EDIT  |  06:57 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2009.07/04(Sat)

スポーク 

ひたちなかの落車で自転車が受けたダメージは前輪のスポーク2本だけのようだ。サドル、エルゴパワー、ハンドルに少々傷がついたものの、大したことはなかった。

スポーク1

しかし、落車直後はホイールがブレーキシューに当って走行できないほど大きく振れていた。本来であればホイールごとショップに出して修理してもらうのがベストであろうが、今回は自分でスポークを交換し、振れ取りも行ってみようと思い、先日、新宿の客先での打ち合わせの帰りになるしまフレンドに寄り、シャマル用のスポークを購入した。1本1,100円也。

シャマル専用工具を使ってのスポーク交換、振れ取りは少し手間取ったものの、なんとかうまくいった。

EDIT  |  00:00 |  自転車  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2009.07/02(Thu)

雨 

家を出て15分後、雨が降り出した。
雨の降り始めは「雨止まないかな?」なんて思いながら走るものの、シューズの中がビショビショになると、もうどうでも良くなる。この季節、寒くないし、雨の中を走るのは苦痛にならない。

結局、会社に着くまで降り続き、ジャージ、レーパン、ソックス、シューズはどろどろ。帰りに濡れたジャージを着るのは気持ちが悪いので、雨の中のジテツウ時は帰りのジャージを持参するのだけれども、今日は持ってこなかった。

そこで、濡れたジャージ一式を持って会社の近くにあるコインランドリーに行った。おかげで帰りはきれいなジャージを着て帰ることができた。

EDIT  |  22:09 |  ジテツウ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.07/01(Wed)

早朝カネシロ練習 

ジテツウ途中の稲城で早朝練習を終えたと思われるカネシロさん一行に遭遇。メンバーはカネシロさん、ヤマモトケンイチさん、ともう一人の3人。もうひとりの人は誰だったか確認できませんでした。

このところパワーアップが著しいカネシロさん、こういった練習の裏づけがあってこそなんですね!

EDIT  |  23:39 |  ジテツウ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。