04月≪ 2009年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.05/30(Sat)

富士-大泉 

午前中で終わらせる予定だった仕事がが少しずれ込み13時30分に富士を出発。
富士は朝から天気が良く、気温も高い。富士サファリパークへの上りは汗が流れるほど。

しかし、サファリパークに近づくと上空を雲が覆い、路面はウェット。気温も下がり、少し肌寒いほど。サファリパークを過ぎて御殿場に下ると、大粒の雨が降ってきた。この雨は山中湖を過ぎて道志街道に入るころまで降り続いた。

串川橋、小倉橋、尾根幹を経由し、19時30分に帰宅。

本日の走行距離:145km

スポンサーサイト
EDIT  |  21:13 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/29(Fri)

明日の天気は? 

富士での仕事を明日の午前中に終わらせる予定。
天気が気になるけど、自転車で帰る予定。

EDIT  |  21:35 |  仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/28(Thu)

富士山 

朝から富士の客先で作業をする予定だったので、前日の出張先の水海道を車で5時30分に出発し、9時に富士に到着。そしたら客先の都合で今日の作業は中止になった。いったん帰ることも考えたけど、明日の作業は予定通りということなので、先日安全靴で走ったヒルクライムコースを走り、さらに富士スカイラインに向かった。

0mから600mまで一気に上り、少し下ってまた上り。このあたりから雨が降り出し、気温も下がり、強風も吹いてきた。が、上っているためそれほど寒さを感じない。
しかし、スカイラインの入口に着き、いったん止まると、雨、寒さ、風がかなりヤバイ。5合目まで行こうと思っていたのだが、ここで迷わずUターン。

1460m

しかし、Uターンするのが遅すぎた...

標高1,460mからの雨の中のダウンヒルは想像以上の寒さ。体が固まり、必要ない場所でも定期的にブレーキを掛けないと、指先が固まっちゃって肝心なときにブレーキが掛けられなくなりそう。

下っているときに襲ってきた眠気は、「凍死」の前兆か?なんて思ったけど、ホテルのシャワーで体を温めて冷静に考えると、早起きしたのが原因だったようだ。

そんなわけで30kmのつらいダウンヒルに耐え、ホテルに到着。

スカイライン

本日の走行距離:68km

EDIT  |  20:01 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/28(Thu)

2days race in 木祖村 2 

木祖村 個人TT

木祖村1

追走車両に乗り込んだ、メカニック・ナカザワからスタートしてからフィニシュするまで絶えず激が飛んできました。
「ベンガ!ベンガ!ベンガ!」
「アレ!アレ!アレ!」
「ダイ!ダイ!ダイ!」
「ゴー!ゴー!ゴー!」
「行け!行け!行け!」
レース中は半端なく苦しかったけれど、メカニック・ナカザワの激は力になりました。


ステージ1b

木祖村2

完全に死んでいます。フィニッシュ後、しばらく動けませんでした。


ステージ2

木祖村3

苦しみながら、ヘロヘロになってフィニッシュ。
しかし、完走できた喜びで思わずニヤける。

EDIT  |  00:22 |  レース  | TB(0)  | CM(8) | Top↑
2009.05/26(Tue)

2Days Race in 木祖村 

2009.05/23(Sat)

マスダさん
ニシムラさん
カネシロさん
マツムラさん
ワタシ

2 Days Race木祖村にエントリーした「OYAZEES」のメンバーである。メンバー全員がOVER-40の表彰対象となる40歳以上のオヤジの集まりである。目指すのは全員完走、そしてOVER-40タイトル獲得。

1日目
ステージ1a (個人タイムトライアル) 8km
コーナーの連続する対岸の走り方がタイムに大きく影響するため、GWの合宿時、レース前の試走時、走るラインを何度も確認し、レースに臨んだ。その成果があって、スピードを落とさず、思った通りのラインを走れたのだが、最後の上りに入った途端に大失速。結果は13分3秒で32位。

ステージ1b 9km×9周 = 81km
1周目からキツイ。個人TTの大失速の再現のように上れない。集団の最後の方で頂上をクリアし、対岸の連続コーナーで位置を上げる。という誤魔化しながらの苦しい走りも6周で力尽き、単独走行になる。
後方から上がってくる集団に紛れ込むものの、すぐに着いて行けなくなり、再び単独走行になる。体は動かず、呼吸も苦しい。こんなに苦しいレース初めてかもしれない。何度降りようと思ったことか...走っていられるのは「OYAZEES、全員完走」という目標だけだった。
ラスト2周のS/Fラインで5分遅れ。タイムアウトまであと3分。そしてラスト1周のS/Fラインが見えてきたが、赤旗は振られていない。通過するとき、「先頭から7分30秒遅れ」と言われた。タイムアウトまで30秒しかなかった...
2周目にパンクしたものの粘りの走りをしていたカネシロさんは、ワタシのさらに後ろを走っていたが、タイムアウト前にS/Fラインを通過した。
マスダさん、ニシムラさんは先頭集団でフィニッシュ。マツムラさんも後続の集団でフィニッシュ。危ないところだったが、1日目はOYAZEES全員完走。
ワタシは完走したものの、フィニッシュ後は精根尽き果て、しばらく動けなかった。


2009.05/24(Sun)

2日目
ステージ2 9km×14周 = 126km
1日目が終わった時点で完全に死んでいた。翌日のレースのことは何もイメージできず、早々に集団から遅れてリタイアしている自分のイメージしか思い浮かばなかった。
スタートして1周目、2周目、恐ろしく苦しい。まさにイメージ通り。しかし、OYAZEESのメンバーは全員集団内で頑張っている。昨日と同じように上りで遅れ、対岸の連続コーナーで位置を上げるという繰り返し。でも昨日よりは上れている気がする。ナカザワさん、カサイさん、ホソヤさんたちの声援が力になり、ラスト3周まで集団内で走れた。
しかし、ここでいっぱい。集団から遅れ、あとはひたすら完走を目指すのみ。ワタシと同じタイミングで遅れた選手と2人で3周を走り何とか完走。

2日間とも満足の行く走りは出来なかったけど、完走なんて100%無理だと思っていたステージ2を走りきれたし、OYAZEESは全員完走(というか、マスケンさん、ニシムラさんは総合成績でかなり上位に入っているはず)できたということで、勘弁してもらいましょう。

来年のOYAZEESはさらにパワーアップだ~!

EDIT  |  21:50 |  レース  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/21(Thu)

安全靴くん 

富士の客先を10時に訪問する予定だったので、訪問前に富士周辺を一走りしようと、車に自転車を積み4時30分に家を出発。

7時前に富士に着き、着替えて自転車に乗ろうと思ったらシューズがない。「せっかく早起きしたのに...」と思いながら車の中を探したら安全靴があった。

安全靴

「安全靴くん」で海抜0メートルから700メートルまで一気に上るヒルクライムはキツかった。でもずっと富士山を見ながら上れたのでキモチ良かった。

富士山1

明日の朝も雨が降っていなかったら「安全靴くん」ヒルクライムをすることにしよう。

EDIT  |  19:16 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/19(Tue)

一宮競輪場 

朝、尼崎から春日井に移動し、客先で打ち合わせ。
打ち合わせの前に時間を作り、一度行きたいと思っていた一宮競輪場に行ってきた。

一宮競輪場

開催中ではないため場内には入れないと思っていたが、事務所に人がいたので事情を話したら場内に入れてもらえた。

競輪場に入ると慶のことが思い出され、悲しさが甦り涙が出てしまう。
無人の車券売り場を抜け、3コーナーのスタンドまで歩いた。実際に自分の目で3コーナーを見たら、何ともやり切れない気持ちがこみ上げてくる。

3コーナー

3コーナーに向かって慶のことを思い出しながら手を合わせた。

「常勝不敗 内田慶、安らかに...」

EDIT  |  18:34 |  その他  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
2009.05/18(Mon)

感染拡大? 

兵庫県、大阪府で新型インフルエンザの国内感染者が急増しているようだ。
今、感染者が急増している兵庫県に向かっている。かなり不安である。
家を出るとき、ヨメからマスクを10枚ほど渡された。

EDIT  |  09:53 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/17(Sun)

国内感染 

明け方から外では雨の音。この時点で今日の練習は中止と決めたが、起床した8時にはほとんど止んでいた。これから練習に行く気にもなれず、木祖村で使うマシン、パーツの準備をすることにした。

木祖村で使用するホイールをシャマルチューブレス、スペアはユーラスクリンチャーに決めた。ということでまずはこのホイールのグリスアップから始めたのだが、これがかなり手こずり午前中いっぱいかかってしまった。あとはチェーンを洗って、スプロケットを洗って、フレームを洗って、リアメカ、フロントメカなどにオイルをさして終了。

そして、新型インフルエンザの国内感染が確認された神戸に近い兵庫県の尼崎に明日から出張。マスクは必携か?

EDIT  |  17:01 |  その他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.05/16(Sat)

後ろから前から 

大泉学園-所沢-岩蔵温泉-赤根峠-東峠-武蔵横手-グリーンライン-阿寺-東峠-赤根峠-岩蔵温泉-所沢-大泉学園

東峠を後ろから上り、久しぶりに武蔵横手からグリーンラインへ上った。ここを上ったのは何年ぶりだろうか...かなり久しぶりの気がする。グリーンラインを阿寺から下り、今度は東峠を前から上った。

帰りに慶のお墓参りをしてきた。

本日の走行距離:120km

EDIT  |  22:49 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/15(Fri)

久しぶりのジテツウ 

ゴールデンウィークに加えて出張が続いていたため、3週間ぶりくらいになるジテツウ。
3週間前は少々寒かった気もするけど、今ではすっかり初夏っていう感じ。工事中だった道路もすっかりきれいになっていたり、新鮮な気分でのジテツウだった。

EDIT  |  22:46 |  ジテツウ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/14(Thu)

生キャラメル 

簡単に買えた。
騒いでいるのは東京だけのようだ...

生キャラメル

でも、ムスメたちは喜んでいた。良かった。

本日の北海道の天気予報、「道東の峠ではみぞれか雪。ところにより5cmくらいの積雪」だって。5月の中旬だっていうのに雪が降るとは...

EDIT  |  22:32 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/12(Tue)

桜 

今日から釧路に出張。釧路に着いたらとにかく寒い。今日は雨も降っていて日中の最高気温も10℃に満たない。東京と比べると2ヶ月くらい季節が逆戻りした感じ。客先の中庭ににある桜は今が満開。

北海道に出張ということで「花畑牧場の生キャラメル」を買ってくるようにムスメから依頼を受けている。今のように人気が出る前は釧路空港で販売されていて、何の問題も無く購入できていたんだけど、今はどうなんだろうか?

EDIT  |  22:24 |  仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/10(Sun)

第3回埼玉県タイムトライアルロードレース大会 

ワタシのエントリーしている「個人TT登録者クラス」、「チームTT未登録者クラス」のコースは片道10kmを折り返すという、いたって単純なコースである。しかし単純ではあるが、小細工のできない厳しいコースであるとも言える。

「個人TT登録者クラス」には、2007年全日本ジュニア個人TTチャンピオン嶌田義明選手(ブリヂストンアンカー)、2004年、2005年全日本選手権個人タイムトライアルチャンピオン飯島誠選手(ブリヂストンアンカー)などの強豪選手がエントリーしている。

結果は優勝した飯島選手から約2分遅れたものの8位。目標を10位以内としていたので、まあ満足のゆく結果だったかな?

そしてワタシの中ではメインレースとして捉えていた「チームTT未登録者クラス」が13時30分にスタート。メンバーはニイヌマ、カケガワ、ワタシの3人。過去何度もこのメンバーでチームTTを走っているので、レース中の意思疎通、走り方には問題なし。狙うは優勝。

スタートするとニイヌマの調子が良くない。そこで、「調子の出ないニイヌマを休ませ、カケガワ、ワタシの2人でローテーションを回し、ニイヌマが回復したところで先頭を長めに引く」という走り方を無言の内に決めた。その結果一定ペースを最後まで保ち、2位に7秒差を付け優勝!

無言の内にその日の各自のコンディションによってレースの走り方を決め、それを実践する。これこそ正にチームプレーって感じで、こういう勝利っていうのは格別なものだ。

半端なく苦しくて、辛くて、途中で何度もあきらめそうになるチームTTが大好きなワタシたちはやっぱりどこか変?

個人TT登録者クラス: 8位 27分39秒702 +1分54秒.201 Ave.43.38km/h
チームTT未登録者クラス: 優勝 26分49秒795 Ave.44.73km/h

EDIT  |  22:23 |  レース  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.05/09(Sat)

明日は埼玉TT 

朝早く起きて空港連絡バスに乗り米子空港へ。
7時15分発ANA812便羽田行きに空席があり、無事に搭乗することができた。

10時30分に帰宅し、TTマシンで彩湖に出動。
昨日のスイム練の影響か、腕、胸、足の付け根といった、普段は痛みの出ないところがやや痛い。まあ、気になるほどの痛みじゃないので(もしかすると明日くらいから痛みが強くなるのか...)、ポジションを確認しながら、明日のレースをイメージしながら軽く走る。

明日は個人TT、チームTTにエントリーしているのだが、チームTTにパインヒルズから5チームがエントリーしているようだ。昨年のチャンピオン「パインヒルズ亀ロー3人衆」、中3トリオの「パインヒルズジュニア」、助っ人にコウサカ監督を迎えた「HOT STAFF パインヒルズ」、どのチームも手強そう。

目指せ、優勝!

EDIT  |  22:00 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/08(Fri)

マイレージ 

ウチの会社は出張旅費清算に航空券の領収証を添付する必要がないため、マイルと交換した航空券の正規運賃は全て自分の小遣いとなる。しかし特典航空券はフライトの変更ができないため使う時には、「日程が確実な出張」、「できるだけ航空運賃が高い出張」を選ぶ必要があるのだ。

今回の米子出張は、「日程が確実」な出張のハズだった。ところが現地に来て見ると日程が1日短縮になった。延期することはよくあることだけど、短縮っていうのは珍しい。

1日早く帰って10日のために練習したいところだけどフライトが変更できない。特典航空券の復路を捨てて正規の航空券を購入するっていう方法もあるけれど、片道運賃をみすみす失うのは忍びない。そこでフライトの変更ができないのを承知で空港に行き交渉してみた。

結果は...やはりダメだった。

予約便を変更する場合は、変更希望便の4日前(搭乗日を含まず)までとなります。ただし、すで にご予約いただいている便の出発より前にご変更ください。なお、オープンにはできません。必ずご予約をお取りいただくことが必要となります。ご予約済の便 のご搭乗日当日空港にてご予約便より前の同一区間の便に空席がある場合は、ご搭乗になれます。
というANAのサイトに書かれている通りのことを言われた。ただし、「搭乗日当日空港にてご予約便より前の同一区間の便に空席がある場合は搭乗できる」という例外があることを知った。ということは明日の朝から空港に行き、空席があれば午前中のフライトに乗れるということだ。明日の午前中のフライトに空席があることを祈り、空港から戻った後は米子でゆっくりすることにした。

とは言っても10日のレースのために体は動かしたい。そこで「日本トライアスロン発祥の地」皆生温泉にある市民屋内プールで泳ぐことにし、イオンで海パン、キャップ、ゴーグルを買って屋内プールに行った。

皆生

久しぶりのスイムはキツかった。50mくらい泳いだら苦しくておぼれそうになり、休み休み400mをやっと泳いだ。1kmは泳ぎたいと思い再び泳ぎ出したら、慣れてきたせいもあるのか結構泳げるようになり、400mから1kmまで休まず泳げた。10分ほど休憩し、「1km休まず泳ぐ」というのを目標に泳ぎだしたら、休まず泳げた。でもかなり疲れた。

明日はできるだけ早いフライトに乗るために6時30分ころから空港で待機する予定。小遣いを稼ぐのも楽じゃないのだ。

本日の水泳距離:2,000m

EDIT  |  19:59 |  仕事  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2009.05/07(Thu)

連休明けから 

連休明け早々今日から米子に出張。帰りは土曜日。

EDIT  |  20:23 |  仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/06(Wed)

埼玉タイムトライアル 

10日に行われる埼玉タイムトライアルのスタートリストを見ると、「個人TT登録者クラス」の最終スタートはワタシのようだ。

よく見るとスタートは年齢順のようで、早い話、ワタシが一番オヤジっていうこと。でも、たとえどんな順番だろうとも最終スタートっていうのは気分がイイ。後ろから選手は来ないし、前を走る選手を抜かす(抜かせるのか?)だけ。そして、ワタシの15秒前にスタートする2番目のオヤジはコウサカ監督。これはいい目標になるだろう。

個人TTで最後にスタートするなんて、まるでマイヨジョーヌを着て最後にスタートするアームストロングのよう。先にスタートした選手を次々にパスするアームストロングの走りが目に浮かぶ。俄然、気持ちが盛り上がってくる。

ベスト10に入りたい!

EDIT  |  23:07 |  レース  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/05(Tue)

木祖村合宿 

5月2日、3日の2日間、「2 Days Race in 木祖村」のコース試走を兼ねて、レースにエントリーしているメンバーを中心に合宿を行った。

1日目
コース : 茅野運動公園-有賀峠-伊那-権兵衛トンネル-木祖村-(レースコース2周)-権兵衛トンネル-伊那-杖突峠-茅野運動公園

木祖村合宿1
撮影:仲沢さん

スタート直後の有賀峠でヒロキ、シンヤの中学3年生2人にやられる。伊那から権兵衛トンネルへの上りでもマッキー、ヒロキにやられる。これが2日間に渡ってヒロキ、シンヤにハヤタを加えた中学3年生トリオ、さらにオーベストマッキーに引きずり回される始まりとなった。

木祖村に到着後、昨年の個人TTでは全く走れなかった下り基調の対岸のライン取りを再確認するためにゆっくりと2周走る。元気のいい中学3年生トリオは3周走っていた。

木祖村合宿2
撮影:仲沢さん

帰りの権兵衛トンネルへの上りでは、先行するニシムラさん、マッキー、ヒロキ、シンヤをシノヤマと2人で追うもののピークまでに追いつかず。下りに入って60km/h前後で追っても結局追いつかず。ワカモノたちは下りも上りも速いのである。

それほどキツくない勾配が約20km続く杖突峠が本日最後の峠。ここはニシムラさんとマッキーが先行する。中学3年生トリオは疲れが出たのか元気が無い。ニシムラさんとマッキーをカケガワさんと2人で追うが、カケガワさんの引きが強く付いて行けず、独走となって4番目に頂上に到着。ここから茅野運動公園まで下り、1日目の練習は終了。

本日の宿は奥蓼科温泉の渋御殿湯。標高1,800mにある宿はまだ雪が残り、朝晩はかなり冷え込んだが、気持ちの良い温泉に浸かり疲れを癒す。温泉からあがった後はカツラさんの「悶絶リンパマッサージ?」を受け、まさに悶絶する。

1日目の走行距離 : 165km
1日目の上昇 : 2,350m


2日目
コース : 蓼科湖-白樺湖-霧ヶ峰-和田峠-扉峠-美ヶ原(往復)

蓼科湖をスタートするといきなりの上り。1日目の疲れを感じさせずシンヤ、マッキーがペースアップ。2人に何とか付いて行くと、マッキーが遅れシンヤと2人になった。つい1ヶ月ほど前まで、シンヤより速く走れたのに、今では付いて行くのが精一杯で、やがてシンヤから遅れてしまう。ワカモノの成長恐るべし。

シンヤから遅れながらも、何とか視界に捕らえながら走っていたら、ヒロキに抜かされた。ヒロキはそのままシンヤに追いつき、2人で争っている。すると今度はマッキーに抜かされた。マッキーもそのまま2人に追いつき、3人の争いに変わった。ワカモノたちにいじめられる1日の始まりである。

白樺湖で全員集合した後、霧ヶ峰に向かってビーナスラインを走る。ビーナスラインの景色が素晴らしかった。南アルプス、中央アルプスが一望でき、富士山もうっすらと見えた。ワカモノたちに引きずり回されなければ、もっと景色を楽しみながら走れたのに...

霧ヶ峰で休憩後、美ヶ原に向かう。美ヶ原に至る最後の数キロの勾配は激しかった。10%を優に超える急勾配が続き、頭上高くに見えるこれから上らなければならない道は、気持ちを挫けさせる。

急勾配を上りきり、駐車場のレストランで昼食休憩。ここから武石峠を経由し、美鈴湖、松本市街、塩尻峠を走り蓼科湖に戻る予定だったが、みんなの疲労度、時間などを考えここから同じルートを折り返すことにする。

帰りはマッキー、ハヤタが先行し、そのまま霧ヶ峰に到着。全員集合し休憩していると、にこやかに近づいてくるローディが。「誰?」と思いよく見ると何とコウサカ監督であった。1人でこっそりと高地トレーニングをしていたらしい。聞いてみると美ヶ原から同じルートを走っていたようだ。それにしてもこんなところで会うなんて奇遇である。

小淵沢でキャンプをしている家族と合流するためワタシはここから茅野まで下り、他のメンバーは白樺湖を経由し蓼科湖へ戻る。コウサカ監督も白樺湖まで一緒に走ったハズ。

天気にも恵まれ大きな怪我も無く無事に合宿を終えることができました。木祖村まであと3週間、頑張りましょう。車でサポートしていただいたニシムラ奥さま、カツラさんに感謝します。悶絶マッサージはクセになりそうです。

2日目の走行距離 : 127km
2日目の上昇 : 2,575m

EDIT  |  22:15 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.05/01(Fri)

明日から木祖村合宿 

4時30分に仕事を終え5時の特急に飛び乗り、名古屋で乗り換え、のぞみ号で東京に向かっている。

明日から木祖村合宿なのだが、カレンダー通りだと明日からがゴールデンウィーク。高速道路1,000円割引もあり高速道路は大渋滞が予想されていて、中央自動車道も午前5時に相模湖ICを頭に45km渋滞の予想。「ならば夜中に出発し集合場所である茅野で仮眠」という案もあり、家に着いたらシャワーを浴びて、夜ごはんを食べて、合宿の準備をしたらすぐに出発と言うことになるかもしれない。

明日からは天気も良さそうだし、充実した合宿になりそうだ。

EDIT  |  18:49 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。