01月≪ 2009年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.02/28(Sat)

雪 

大泉-岩蔵温泉-山王峠-小沢峠-榎峠-軍畑-梅ノ木峠-つるつる温泉-梅ヶ谷峠-軍畑-榎峠-岩蔵温泉-大泉

軍畑側から上る梅ノ木峠は北斜面に加え、車両通行止になっているため、かなりヤバイことになっていた。上って行くに従い路肩の雪はどんどん増える。

梅ノ木1


こうなると自転車に乗ったまま通過できない。小沢峠、榎峠には全く雪が無かったのに...

梅ノ木2

本日の走行距離:120km

今日で終わった2月の走行距離は1,750kmだった。今週の悪天候がなければ2,000kmに届いたかもしれない。でも2月にこんなに走ったのは初めてだと思う。ちなみに昨年の2月は700km。
スポンサーサイト
EDIT  |  14:43 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.02/24(Tue)

曇りのち雨 

朝、雨は降っていなかったので自転車で出発。
相武台あたりではGO師匠の影に怯えながら会社に到着。

午後になり雨が降り出してきた。
この時期、雨の中を走るのはチョット...

電車で帰ることにする。
EDIT  |  16:50 |  ジテツウ  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2009.02/22(Sun)

DNSか? 

首の痛みに加え数日前から喉も痛く体が重い。
朝起きたとき、「今日の練習はDNS」なんていうことが頭をよぎった。
が、「体調が良くないときにどれくらい走れるか試してみるか!」っていう気持ちに切り替え出発。

笹仁田峠でオーベストと合流すると集団は40人近くになり、集団のペースは当然のことながら速い。今日はなかなか前に出られない。シマダさん、アンドウさん、速すぎ!

「成木5」の信号を過ぎ小沢峠へ向かい先頭に出るとシノヤマが乗ってきた。後続に少しだけ差を付けて先頭交代をして走る。これはもちろん泳がされていただけ。集団に飲み込まれると、一気に後ろに下がりキツイ走りになる。ここで少し足を休め、小学校あたりから前に上がり、小沢トンネルは本隊の4番目で通過。苦しいけど思ったより走れるような感じ。

山伏峠に向かう県道もペースは速く、先頭を引くアンドウさんの後ろに付くのが精一杯。先頭交代の合図をされてもなかなか交代できない。苦しい...
これでは先頭にいる意味がないし、まわりに迷惑をかけてしまうので少し位置を下げて走る。山伏峠手前の工事中ダート区間で捨て身のペースアップをし、先頭を走っていたGOさんに並びそのまま峠へ入る。

GOさんが遅れ先頭を走っていると、アンドウさんに抜かされ、続けてヒシヌマくんに抜かされた。ここは我慢し、2人の後ろに付いて上る。「そろそろ来るか?」と思っていたら案の定、シマダさん、ニシタニさんの2人がいっぺんに来た。2人に付いて行けば、前の2人との距離は縮まるハズ。が、付いて行けない。といって一気に差は広がらない。20mくらい前にニシタニさん、ヒシヌマくん、さらにその20mくらい前に、シマダさん、アンドウさんという状況がしばらく続く。

景色が開ける急勾配を過ぎても状況は変わらなかったけど、最後の森林区間で前は見えなくなり、そのまま5番目で頂上着。山伏峠ヒルクライムは先週比+2秒。今日の調子を考えると上出来か?

復路の小沢峠は先頭集団から30mくらい遅れて小沢トンネルを通過したものの、集団には乗れず単独で下る。滝成トンネルで後続集団と合流し、バーディGCを越え、笹仁田峠ファミマで休憩。

今日は休憩後にオーベストの皆さまと別れた後も、ワコウ、マツムラさん、ニシムラさん、フジミヤさん、ニシ、ヒロキ、シンヤがペースを上げ(これって全員?)、ちょっとした上り坂の度にアタック合戦。おかげで所沢まで気を抜けず、帰宅後のダメージはかなり大きかった(先週比)。

体調が良くないながらも、まあまあ走れたかな?と自己満足し、DNSしなくてよかったと強く思った、キツくて、苦しくて、楽しい練習でした。

本日の走行距離:120km
山伏峠ヒルクライム:14分05秒
EDIT  |  16:33 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.02/21(Sat)

整体 

1週間ほど前から首、右肩が痛い。
昨日のジテツウの帰りは首、肩の痛みに加え右腕全体が痺れてきた。
ということで今日は自転車に乗らず、知り合いに紹介してもらった整体院に行ってきた。

この整体院は背骨の歪み、固まりを矯正して肩や足の痛みを軽減させるという治療方法で、自転車選手や格闘技選手も来院しているという。

ワタシの頚椎、背骨はかなり歪んでいるようだ。動きも固いらしい。右腕の痺れは頚椎の歪みからきているのではないかという診断だったが、20年ほど前に頚椎棘突起を骨折した後遺症が今ごろ出たのだろうか...

治療は「バキバキ、ボキボキ」っていう荒っぽいものではなく、丁寧にほぐして行くっていう感じでチョット痛いけど気持ち良かった。定期的に通って背骨の矯正をしようと思う。

EDIT  |  18:29 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.02/19(Thu)

スポーツヌードル 

スポーツヌードルっていうのが販売されていることは知っていたが、試しに購入してみた。
発売元の日清食品は「アスリートのための食べるトレーニング」ということをうたっている。

回復系
スポーツヌードル回復系


燃焼系
スポーツヌードル燃焼系

試食はまだしていない。
EDIT  |  22:18 |  その他  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2009.02/17(Tue)

社交クラブ 

昨日家に帰ったらテーブルの上にこの封筒が置かれていた。

桃太郎

広島に出張に行ったとき、お店のネーちゃんに「メンバーカード作ってぇ~」なんて言われて作った覚えが...

それにしたってこの封筒はマズイでしょ...
店の名前も社交クラブっぽくないし...
っていうか社交クラブじゃないし...
EDIT  |  16:03 |  その他  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2009.02/15(Sun)

大集団 

山伏峠往復練習 with オーベストに参加。

笹仁田峠でオーベスト軍団と合流し、集団は30人を優に超えている。今日は集団の雰囲気が違う。まるでレースのようにピリピリしている。オーベストの皆さんからは「前へ、前へ」という意識が伝わってくる。
ということで集団のペースはとても速い。信じられないくらいに速い。山王峠へのアプローチ区間でワタシのポラールは40km/hを越えていた。

1段目の上りでワタシの足はすでにキツイ。でも我慢。
3段目はイッパイに近かったけど、我慢して4番目通過。

山王峠を下ってから山伏峠に向かう県道も大集団のままペースが落ちずキツイ。でも先頭に出る。シマダさん、ニシタニさん、ゴウダさんが先頭に出ると、さらにキツイ。
かなり足を使い、心拍も下がらないまま、山伏峠に入る。だけどこの状態で峠を上るのは最高の練習になる。だから積極的に前に出て上る。

ナカオさんとワタシの2人がやや先行して峠に入ったが、ナカオさんがメカトラブルのため遅れ、ワタシが単独になったと思ったら、ギアをアウターに入れたシマダさんに抜かされた。少しの間後ろに付いたが、今度はきれいにペダリングするアンドウさん(フィッテ)に抜かされた。

2人が視界から消えないように必死のペダリング。「ダメだ」と思ったら終わってしまうのは明らかなので、「このまま頂上まで!」っていう気持ちを強く持ち我慢。

今度はニシタニさんが並びかけてきた。ダンシングで対応し後ろにピッタリと付く。落ち着いたところで前に出る。先行する2人はまだ視界にある。我慢、我慢。

見晴らしの良くなる急勾配地点でニシタニさんのペースアップに付いて行けず。ここで付いて行かなければダメだね...とは言うものの、ここで気持ちが切れたら、後続にズブズブ差されることになる。ニシタニさんとの差を保つ、というより詰めるっていう気持ちで追う。

シマダさん、アンドウさん、ニシタニさんに続いて4番目で峠に到着。タイムを見たら先週よりかなり短縮。小沢峠への県道も皆さん積極的に先頭交代をするためペースは速い。

小沢峠は先行するシマダさん、ニシタニさん、ナカオさん、アンドウさん、ナルケさんから少し遅れて通過。ダンホさん、イノウエさんと前を追うが、見えている集団との差は詰まらず、成木交差点で合流し、バーディGC坂を越え、笹仁田峠ファミマで休憩後、オーベストの皆さんと別れ、所沢で解散。

本日の走行距離:120km
山伏峠ヒルクライム:14分03秒

EDIT  |  16:13 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.02/14(Sat)

逆回り 

先週の土曜日の逆回り。
大泉-所沢-岩蔵温泉-赤根峠-東峠-阿寺-グリーンライン-清流林道-R463バイパス-所沢-大泉

気温が上がるっていう予報だったけど、家を出るときはそれほど気温が高くなかったので、ウインドブレーカーを着て、シューズカバーを付けて出発。
しかし気温は予報通りに上がり、ウインドブレーカーをすぐに脱ぎ、所沢でシューズカバーを外し、グローブを外し、ジャージのポケットは一杯になった。

明日も気温は高いらしい。どんな格好で出発したらいいものやら...

本日の走行距離: 100km
上昇: 1,100m
EDIT  |  17:37 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.02/12(Thu)

岐阜・大阪 

今日、明日は岐阜・大阪に出張。
東京駅で乗った新幹線はN700系。この車両は各座席に100V電源が付いているし、キレイだし、いいと思います。
EDIT  |  07:55 |  仕事  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
2009.02/11(Wed)

ロング練 

オーベストのロング練に参加した。
河川敷公園で待っているとマツムラさんが現れた。何でマツムラさんが?と思って聞いてみると、シノヤマに誘われ待ち合わせをしていたけど、会えずに1人で河川敷公園に来たということだった。

シノヤマ、またしても寝坊か?

この寒い中、20人以上集まっていたオーベストの皆さんに混ざり、マツムラさんとワタシは河川敷公園を出発する。日曜日の山伏峠往復練習にも参加していた、「ライバル」コウサカさんも一緒に出発

今日の予定コース
河川敷公園-大垂水峠-雛鶴峠-都留-道坂峠-道志道-牧馬峠-大垂水峠-日野

この時期に走る距離、強度ではないような気がするけど...

大垂水、雛鶴、道坂、牧馬、4つともコウサカさんに先行を許してしまった。すぐ前に見えているんだけど、差が詰められない。このへんが今後の課題だろう。

最後の大垂水峠は7、8人で上り始めた。上り始めて間もなくペースを上げてみる。当然誰か付いてくると思ったら、誰も付いてこなくて1人で抜け出す形となった。こうなったら「頂上まで逃げ切ってやる!」っていう気持ちで踏む。中盤を過ぎると、ニシタニさん、イノウエさん(beach)の2人が迫ってきたが、あきらめずに踏む。しかし頂上近くで2人にパスされ、3番目で頂上通過。最後の峠でコウサカさんより先着できた。

本日の走行距離: 197km
上昇: 2,500m

2月に200km走るという初体験は、帰宅後も体が動かず。
EDIT  |  18:08 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(5) | Top↑
2009.02/08(Sun)

98% 

先週に続きオーベスト軍団に合流して山伏峠往復練習。
ワタシたちが待ち伏せしていた笹仁田峠ではオーベスト軍団は3つに分裂していたようで、ワタシはニシタニさん、オイカワさんらがいる「本隊」に合流し山王峠に向かった。

ヤマダさんに続いて3段目の上りに入り頂上手前でヤマダさんをかわし頂上を通過。ツワモノ揃いのオーベスト軍団は様子見か?

山王峠を下り県道に出てからがキツかった。ニシタニさんがペースを上げる。「何が何でも付いて行く」って気持ちで、ニシタニさんにへばり付くワタシの心拍は95%オーバー。後ろを見ると誰もいない。ニシタニさんとワタシの2人が抜け出していた。

さらにキツくなったけれども「付きいち」では進歩が無い。力を振り絞り先頭交代をするワタシの心拍は98%を越えている。「このまま山伏峠まで行ってやるぜ!」と思いペダルを回すが、小沢峠との分岐T字路で先発隊が待っていたためここで合流。

この合流で集団が一気に増えたけれど、出来るだけ前で走るという意識を持ち先頭交代に加わる。心拍が下がらないまま山伏峠に入ったが、ニシ、トモヒロ、ヒロキと共に30人はいたであろう集団の先頭でペースを作る。

峠の中ほどまでパインヒルズ集団が先頭でペースを作っていたが、ニシタニさんが信じられないスピードでワタシたちをパスして行った。トモヒロ、ヒロキはこのスピードに何とか対応しニシタニさんから50mほど遅れて付く。ワタシは2人から50mほど遅れ、そのまま頂上着。

山伏峠を下り、小沢峠に向かう県道のハイスピードにも耐え、小沢峠を越え、笹仁田峠のファミマで休憩し、オーベスト軍団と別れる。

本日の走行距離:120km
山伏峠ヒルクライム:14分51秒
EDIT  |  20:45 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.02/08(Sun)

ソロ 

2009.02/07(Sat)

少しゆっくりめの8時30分に家を出る。
大泉-所沢-入間-清流林道-グリーンライン-阿寺-東峠-赤根峠-岩蔵温泉-所沢-大泉

グリーンラインのアップダウンが妙にキツかった。
あと、清流林道が「不法投棄多発」のため通行止めになっていた。自転車を担いでゲートを越えたけど...

本日の走行距離:100km
EDIT  |  13:02 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.02/03(Tue)

富士チャレンジX 

「チームTT全日本ホビーレーサー選手権」にエントリーした。
自分で言うのもなんだけど、なかなか強力なチームが組めたと思う。

内田慶杯 3位 30分20秒 コウサカさん
内田慶杯 4位 30分22秒 カケガワさん
内田慶杯 8位 30分50秒 ニイヌマ
内田慶杯 1位 29分32秒 ワタシ

コウサカさんのTTの走りは実証済み。ビジュアル的にもチームのエース。
カケガワさんのトライアスロンで鍛えた独走力は大きな力となる。
ニイヌマは内田慶杯での4周目のミスが無ければ、間違いなく30分20秒前後で走れたハズ。
4人の力が均衡していて、チームTTを走る上で理想的なメンバーだと思う。

目指すのは 「優勝」 しかないでしょ!

EDIT  |  11:47 |  レース  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.02/01(Sun)

オーベストに合流 

定番になりつつある山伏峠往復練習。
今日はちょっとパターンを変えてオーベストの練習に紛れ込むため、いつもよりさらに早めの7時30分に松ヶ丘を出発。

山王峠の手前でオーベスト本隊と合流し峠に向かった。オーベストの人たちのペースアップで約30人の大集団は一列棒状。山王峠を下ったところで全員集合し、名栗県道を山伏峠に向かったが、ニシタニさん、ダンホさん、オイカワさん、ナカオさんらのオーベストの人たちがペースを上げるためとてもキツイ。おまけに向かい風は強いし。

心拍が上がりまくった状態で山伏峠に入ると、アンドウさん(FITTE)、ニシタニさん、ナカオさん、ヒシヌマさんが先行。何とか付いて行くけど、とってもキツイ...

しかし、ここは我慢の走り。先行する4人を視界から外さないように必死で着いて行く。頂上の手前でヒシヌマさんをかわし、4番目で峠をクリア。

頂上でUターンし山王峠に向かう下りもペースが速い。山王峠を越え笹仁田峠のファミマで休憩した後、オーベストの皆様と別れ所沢で解散。

ワタシの「沖縄15位以内じゃなければ頭を丸める宣言」に対して「沖縄優勝宣言」をしたヨコヤマさんも今日の練習に参加していたので、走りをチェックしようと思っていたら、早々に遅れたらしくチェックすることはできなかった。「沖縄優勝」に赤信号か?

本日の走行距離:120km
EDIT  |  17:55 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(5) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。