09月≪ 2008年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.10/29(Wed)

仙台空港-伊丹空港 

後ろ髪を引かれる思いで国分町を後にして仙台空港から全日空機で伊丹空港に向かった。
何気なく全日空の機内誌「翼の王国・10月号」を見ていると、こんな写真が目に入った。
第20回の記念大会となる今年は、全日空が特別協賛しているらしい。

ANA機内誌

昨年のスタート直後の写真だろうと思うが、ニシムラさん、ショウジさん、カワムラが写っている。ニシムラさんの隣にはヒデジイも。ワタシの位置はもう少し前だった気がする。

ワタシたちが沖縄に行く時は11月号になっているけど、全日空のカウンターとかで聞けば10月号があるかもしれない?

伊丹空港に到着し、尼崎の客先で打合せを終え、徳島県阿南に移動。
JRだと尼崎-新大阪-岡山-高松-徳島-阿南っていうルートで所要時間は約5時間。
高速バスだと大阪-淡路島-徳島-阿南っていうルートで所要時間は約3時間。
高速バスだと運賃はJRの半額。もちろん高速バスを選択。
スポンサーサイト
EDIT  |  20:59 |  仕事  | TB(0)  | CM(7) | Top↑
2008.10/28(Tue)

国分町 

今日の宿泊は仙台。
ホテルは「東北地方最大の歓楽街」といわれる国分町の一角。

国分町

刺激が強いです。強すぎます。
コンビニに行けばエロいドレスを着たオネエさんが買い物しているし...

10日後に沖縄が控えていなければ、間違いなくどこかの店に繰り出していることだろう。
ネオンの誘惑に負けないうちに寝ることにしよう。
EDIT  |  21:33 |  仕事  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2008.10/28(Tue)

福島-兵庫-徳島 

明日、急遽福島へ出張することになった。
明後日は前から予定のあった兵庫へ出張し、そのまま徳島へ移動。帰りの予定は31日。

今週末は富士チャレンジがあるので、ジテツウで体調を整えようと思っていたのに、下手するとレースまで全然乗れないかもしれない。4日間で3社回るとなると、自転車を持ってゆくのも面倒だし...

まあ、無理をしても仕方ないので、出張先で早起きしてホテルの周りを散歩する程度にするとしよう。
EDIT  |  00:08 |  仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.10/26(Sun)

ジャパンカップ翌日 

ジャパンカップオープンレースが終わり、宇都宮在住のニイヌマ邸に泊めていただいた。
バッソ、クネゴが出場するジャパンカップを観戦する予定だったが、家の用事ができ、さらに叔母が亡くなり、通夜に出席することになったので、観戦は断念し自走で帰宅。

朝、観戦に向かうニイヌマ、シノヤマと一緒にニイヌマ邸を出発し、ジャパンカップS/F地点を通って、昨日6回も上った古賀志林道をゆっくり上り、鹿沼-足利-太田-熊谷-川越を経由し帰宅。

前日、ニイヌマ邸でツール・デ・フランドルのDVDを見た。ボーネンのアシストとして働き、ラスト36kmで単独逃げを決め、後続に迫られても精神力で逃げ続け、感動的な優勝を決めたデヴォルデルと同じ
SPECIALIZED乗りとして、今日の帰路は彼の走りをイメージしながら走った。あくまでもイメージだけど...

本日の走行距離:152km
EDIT  |  17:04 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2008.10/26(Sun)

ジャパンカップオープンレース 

2008.10/25(Sat)

ジャパンカップオープンレースに出場。
ワタシなんかが出場してもいいのだろうか?と思うほど、強くて実績のある選手がズラリとエントリーしている。

「スタートだけでも」ということで2列目に並びスタート。
少しでも前の位置で上りに入りたいという思惑のためか、スタートから古賀志林道の入口まで、集団は何となく殺気立っている感じ。

1周目の上り、ワタシとしては上出来の位置で頂上を通過。しかし、集団は下りも、その後に続く平坦もスピードは速い(あくまでもワタシにとって)。鶴カントリーの上りは集団の後ろのほうに張り付いて何とか通過。ここから古賀志林道の入口までのスピードも速い(あくまでもワタシにとって)。

2周目の上りで集団から遅れ、下り、平坦で6人ほどになり3周目まで走る。4周目の上りでこの集団から遅れ、単独走になってしまった。約1周は前にも後ろにも誰も見えず、個人TTをやっている感じ。
その後、上りで落車したというタカオカ選手が後ろから来たので、少しの間2人で走るものの付いて行けず、再び単独走になった。

5周目の鶴カントリー上り手前で、シノヤマ、ダンホさんを含む15、6人の集団が後ろから来たので、この集団に乗る。単独走のツケがきているのか集団に付いて行くのが精一杯っていう状態。
何とか最後までこの集団に残ることができ、シノヤマ、ダンホさんに続いてフィニッシュ。
制限時間内完走者21人という厳しいレースだった。ワタシは完走はしたものの、トップ選手のフィニッシュタイム+5%ルールにより成績なし。
自らのPOLAR計測によると優勝した伊丹選手から+14分、「COMMUNIQUE No.J6-1・オープン男子リザルト」によると70番目にフィニッシュしているようだった(あくまでも順位は付かず)。

スタート:137人
完走(+5% 制限時間内):21人
完走(+5% 制限時間オーバー):52人
タイムオーバー:64人

EDIT  |  16:05 |  レース  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2008.10/21(Tue)

700km 

先週の走行距離は700kmだった。1週間で700kmっていうのは初めてかもしれない。
距離乗ればいいってもんじゃないけど・・・
で、今日・明日は富山に出張のため、自転車に乗れず。
EDIT  |  07:19 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(5) | Top↑
2008.10/19(Sun)

アートスポーツ杯 

SMP compositのポジションが今ひとつしっくりこないまま、アートスポーツ杯を迎えた。
やはりレース前日にサドルを交換するのは無謀だったのか...

会場に着き、SMPユーザーのヒビノさんからSMP情報を入手しようと挨拶に伺った。するとワタシのSMPポジションを見て「少し前下がり過ぎない?」という指摘をいただいた。
レース直前にサドルポジションを変えるのはちょっとマズイかな?と思いつつも、言われたとおりに前を上げ、さらにシートピラーまで5mmほど下げた。

新しいポジションで試走してみると、フィーリングが格段にアップ!

このポジションが良かったのか、シリの痛みも無く、チンチンの痺れも無く、102kmを走ることができた。
結果は集団10番手くらいのゴールで16位。思っていたより走れた気がする。

それにしてもSMPサドルっていうのは微妙。ちょっとした位置調整でフィーリングが全く別のものになってしまう。そんなこんなで、今のポジションを基準にして、もう少し調整をしてみようと思う。

「selle SMP composit」気に入ったかも?
EDIT  |  22:42 |  レース  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.10/18(Sat)

selle SMP 

BOSSが大絶賛するサドル「selle SMP composit」
smp-composit
このサドル、セッティングがかなりシビアで、セッティングによって感じ方が全然違ってくるらしいが、ベストポジションが見つかれば手放せなくなるらしい。

この見た目がチョット変わったサドルを衝動的に買ってしまった。
昨日の会社の帰りにO-VESTに寄り、その場で適当に取り付けて帰路についたら、これがすごかった。
まるで拷問椅子に座らされているって感じで、シリが痛くてとてもじゃないけど乗っていられない。位置を少しいじりながら、なんとか家に着いた。

で、今日は本格的なベストポジション探しをしようと思い、軽く走るつもりで家を出た。
確かにこのサドル、ほんの少し角度を変えただけで、乗り心地が全然違ってくる。少し走っては角度を変え、少し走っては前後の位置を変え、少し走っては高さを変えなんていうことを繰り返しながら、岩蔵温泉から小沢峠に向かった。

今まで使ってきたどんなサドルも、長い上りでシッティングを続けると、股間が痺れ、生殖器(いわゆるチンチン)の感覚が無くなっていたけど、小沢峠をずっとシッティングで上っても、股間を触るとそこにはチンチンの存在が感じられた。

山伏峠もポジション探しのつもりで上っていたら、知らないローディーが後ろにピタリと付いてきた。前に出るのかな?と思っても前に出ない。ならば、ペースを上げて引き離してやろうと思っても、離れない。心拍数は90%を越えたまま。明日レースだし、こんなつもりじゃなかったのに...

結局頂上の手前まで付いて来たので、最後はギアを落として下ハン持ってもがいてしまった。おかげでポジション出しどころじゃなくなってしまった。誰だったんだ?キミは。

山伏峠から正丸峠を経由しR299を下って東峠の頂上で一休み。
selle SMP

最後に山王峠を上って、岩蔵温泉、多摩湖、松ヶ丘を通って帰宅。

西武ドーム
西武ドームではクライマックスシリーズをやってたみたい。

本日の走行距離:130km
EDIT  |  22:41 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.10/14(Tue)

沖縄合宿 2日目 

2008.10/13(Mon)

今日の予定コースは、山中湖-籠坂峠-あざみライン(折り返し)-御殿場-長尾峠-箱根-小田原-二宮-秦野-ヤビツ峠-宮ヶ瀬-橋本-尾根幹だったが、朝の気温の低さ、昨日の疲れを考え、あざみラインをキャンセルとした。

午後から用事のあるカケガワさん、昨日からヒザに痛みが出てしまったナカザワさんが山中湖から道志街道で帰路についたが、早朝4時に家を出て山中湖まで走ってきたマツムラさんが加わり、ニシムラさん、ニシカワ、ワタシの4人で山中湖を出発。

R139で籠坂峠を越え、御殿場まで気持ちよくダウンヒルした後、長尾峠に入った。昨日の御坂峠で復活したニシカワのペースアップにマツムラさんは付いて行くが、ニシムラさんとワタシは遅れてしまう。が、ワタシは2人の背中を見ながら我慢の走りで何とか追いついた。と思ったら「ここでペースが上がったらマズイ」というタイミングでニシカワが再びペースを上げた。表情とか息遣いを見られていたか?高校1年生ニシカワ、なかなかシャレたことをするもんだ。

しかし先行するニシカワ、マツムラさんの背中はそれほど離れていない。「ここで切れるか、粘れるか...」沖縄2回目のダム上りをイメージしてひたすら我慢。そしたら頂上まで1.5kmくらいのところで追いつけた。長尾峠初めてのマツムラさんが、「あとどれくらいですか?」と聞いてきた。「わからない」と返事をしたワタシは何度か上ったことがあるので路側の距離表示がいくつで頂上か知っていた...ということで頂上にはわずかにワタシが先着。

長尾峠の頂上を越え、R139の乙女トンネル箱根側に下り、ところどころ渋滞している中、箱根、小田原を経由し、国府津のコンビニで休憩。あとはヤビツ峠を残すのみ。

二宮から秦野に向かいヤビツ峠に入る。昨日、今日と調子の悪いニシムラさんが先行し、マツムラさんが追いつく。ヒザの裏に痛みが出たというニシカワは早々に遅れ、ワタシも2人からやや離れ、デイリーヤマザキを通過。蓑毛の急勾配で2人に追いつき、そのまま先行することができた。2回目のヤビツ峠、前回より走れた気がする。

ヤビツ峠の頂上で4人集合した後、宮ヶ瀬に下り、橋本から尾根幹に入り稲毛で解散。

本日の走行距離:170km
上昇:1,805m
EDIT  |  10:46 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.10/14(Tue)

沖縄合宿 1日目 

2008.10/12(Sun)

沖縄に向けての長距離練習としてニシムラさん、カケガワさん、ニシ、ニシカワ、ワタシで松ヶ丘を7時30分に出発し目的地である山中湖へ。
予定コースは松ヶ丘-青梅-二ツ塚峠-風張峠-柳沢峠-塩山-御坂峠-河口湖-山中湖。

瑞穂ファミマでウツノさん(ヒノ)、アキサトと合流し、二ツ塚峠、風張峠に向かう。ナカザワさんは二ツ塚峠、風張峠をパスするということで柳沢峠で合流することになった。

都民の森で1回目の休憩。都民の森先着はワタシ。なかなか調子良く上れた。ここでUターンするニシを除く6人で奥多摩湖側に下り柳沢峠に向かう。

2回目の集合&休憩地点である柳沢峠の先着はワタシ。キツイながらもなかなかイイ感じで上れたかな?標高1,472mの柳沢峠は気温が低く、じっとしていると体が冷えてくる。よってナカザワさんの到着を待たずに、ウツノさん、アキサトがUターン。

ナカザワさん到着後、塩山市街に向かってダウンヒル。それにしてもナカザワさんのダウンヒルは速い。前を走るナカザワさんはペダルを止めた状態なのに、ワタシは回さないと付いて行けない。本人は「体重が重いから加速が付く」と言っているがそれだけではない気がする。

塩山からR137に入ったところのコンビニで3回目の休憩&食糧補給。ここから御坂峠を越えれば河口湖を経由して目的地の山中湖に辿り着く。ワタシとニシカワは御坂トンネル手前から旧道に入ったが、ナカザワさん、ニシムラさん、カケガワさんは御坂トンネルを通過。ここまで元気のなかったニシカワがガッツリと食糧補給したせいか復活。旧道に入ってからペースアップしたニシカワに付いて行けず。

F1開催の影響もあるのか、河口湖周辺、河口湖から山中湖へ向かうR139は渋滞していて走りにくかったが、全員無事に山中湖到着。到着後は「石割の湯」で疲れを癒す。

本日の走行距離:202km
上昇:3,755m
EDIT  |  09:35 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2008.10/11(Sat)

アクシデント 

2008.10/10(Fri)

ジテツウでの帰路、ママチャリに乗ったオジサンと衝突。
踏み切りの直前で警報機が鳴り出したが、そのまま進んだのがいけなかった。
踏み切りを越えてすぐのところにある横断歩道でオジサンママチャリの側面に衝突。自転車は見事に1回転し、ヘルメットの額あたりに衝撃を受け着地。

「やっちまった!」

と思ったけど、ワタシの体はどこにも痛みが無く、すぐに立ち上がれた。オジサンもすぐに立ち上がり「危ねえなぁ」と一言を残し走り去ってしまった。
その場にいるのも何となく恥ずかしかったので、ワタシも自転車に乗り立ち去った。衝突してから2人がその場から居なくなるまで10秒ほどか?自転車もダメージなし。派手に転んだ割りには実にあっけなかった。
EDIT  |  19:51 |  ジテツウ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2008.10/05(Sun)

実業団いわきクリテ 

いわきクリテには出場せず、出場しているチームメンバーの応援に行ってきた。自転車で。

家を出たのは4時30分。まだ夜明け前で真っ暗。
外環道の側道を走っているときにはあまり感じなかったけど、国道6号線に入ると、向かい風が強い。昨日、ダイスケ選手、ニシと「向かい風だったら辛いなぁ」なんて話していたことが現実になってしまった。
石岡までの約100kmはアベレージ33.5km/h。向かい風を考えればまあまあのペースかな。しかしその後は、風も強くなり、さらに細かいアップダウンもあり、いわき到着時のアベレージは31.7km/h。

レース会場到着後はBR-3決勝レース、BR-2決勝レース、BR-1決勝レースを応援&観戦し、帰りはナカザワ号に乗せてもらい帰宅。

本日の走行距離:228km
EDIT  |  22:12 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2008.10/05(Sun)

白石峠往復 

2008.10/04(Sat)

ダイスケ選手、ニシの3人で白石峠往復練習。
向かい風の富士見川越道路はキツかった。
大東文化大坂の頂上でカネコイングスの皆様と会ったので白石峠方面に一緒に向かう。

白石峠でUターンし、明覚駅前のコンビニで休憩。
帰りの富士見川越道路もなぜか向かい風でキツかった。

本日の走行距離:135km
EDIT  |  21:55 |  トレーニング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。