03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.06/14(Thu)

何だか 

何だか調子が良い。
今レースに出たら勝てそうな気がするほど調子が良い。「燃え尽きる前の一瞬の輝き」なのか?いや、まだまだ燃え尽きるつもりはない。

スポンサーサイト
EDIT  |  22:57 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2012.05/24(Thu)

木祖村対策 

木祖村はパンクが多い。雨が降ると山肌から鋭角な砂利が落ちてくるらしくパンクはさらに多くなる。

何年か前には1aステージの1周目でパンクし、オフィシャルからスペアホイルを受け取って再走するもののタイムアウト。2日目の残念レースはまたもや1周目にパンク。スペアホイルに交換して再走する気力もなく、そのままリタイヤして午後からの2ステージをワイン片手に観戦した覚えがある。それはそれで楽しかったのだが、やっぱりパンクはしたくない。

そこで今年は前後輪に「シーラント」を注入してレースに望むことにした。それぞれ30gの重量増となるが、パンクDNFになる確率は低くなるはず。もっともパンクしなくてもDNFになったら意味ないが...

シーラント
エフェットマリポーサ 「caffelatex」
EDIT  |  23:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.10/06(Wed)

仕事休んでロング練習 

2010.10/05(Tue)

10月は「つる強化月間」ということで、火曜日が休みのつるに合わせてワタシも仕事を休みロング練習。
ヤビツ峠で9時に待ち合わせということで5時30分に家を出て、尾根幹-橋本-裏ヤビツというルートで行ったら8時30分にヤビツ峠に到着。

ヤビツ1005
ヤビツ峠まで自宅から75km。

9時まで待ってがつるが表れない。ここは携帯が圏外となるので連絡の取りようが無く、秦野側に下り始めるとすぐにつるが上ってきた。ここでUターンし、二宮-小田原を経由し箱根の上りに入る。今日のロング練習は「なるべく休憩なし」、「補給食を食べながら走る」、「水分補給は自販機で」ということにしたので、家からここまで休憩はなし。

箱根の上りに入ると、つるが遅れ気味。宮ノ下で一旦合流し、長尾峠に向かったが、疲れが溜まっているらしいつるは遅れ気味。ワタシは昨日の休養が効果あったのか、気持ちよく足が回るので先に長尾峠を目指す。

長尾峠
長尾峠から芦ノ湖を望む。

長尾峠に到着し、しばらくつるを待ったが来ない。「これは乙女トンネルを通って御殿場に抜けたに違いない」と思い、上ってきた道を下り、乙女トンネルを通り御殿場に抜けた。しかしつるの姿は見えない。「乙女トンネルの手前でトラブルでもあったのか?」と思い携帯に連絡を入れると、「御殿場を過ぎ籠坂峠に向かっている」ということ。トラブルではなかったことに安心し、前を行くつるを追う。

あざみライン入口で待っていたつると合流し、籠坂峠を上り、山中湖畔を走り、道志みちに入り、ローソンで初めての休憩。ここまで家を出てから約7時間、170km。

休憩後、下り基調の道志みちを気持ちよく飛ばし、青山交差点を右折し串川橋で解散。ここからつるは厚木へ向かい、ワタシは橋本、尾根幹経由で帰宅。

250kmはオーバーすると思っていた走行距離は260.56km。「ツール・ド・えびふりゃ~」の265kmに次ぐ、今年2番目の長距離だった。

EDIT  |  10:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2010.07/28(Wed)

名古屋へ。そしてオヤジの冒険。 

明日から名古屋で仕事のため、今日は名古屋へ移動。その後は、佐賀、兵庫、そして再び佐賀に行く予定。家に帰れるのは21日になりそう。

とは言うものの、名古屋での仕事が終わるのが8日の予定。佐賀での仕事が始まるのが13日の予定。この4日間、普通だったら一旦家に帰って佐賀に出直すところ。しかし、ワタシを除く家族全員は5日から19日までアメリカに行く予定なので家に帰っても誰もいない。

「ならば、名古屋から佐賀まで自転車で移動しようか」という発想が生まれるのは必然(そうなのか?)。で、コースを考えてみた。名古屋から大阪はR1で鈴鹿峠越え、大阪から先はひたすらR2という感じか。

名古屋-大阪 180km
大阪-倉敷 190km
倉敷-岩国 193km
岩国-小倉 190km
小倉-佐賀 180km

となると、名古屋-佐賀間は933kmになるわけだが、これを4日間で走るのは厳しい。名古屋-佐賀ではなく、名古屋-小倉になりそう。宿泊予定地に着替えなどの荷物を送っておくのがセオリーかもしれないが、そうなると余裕があっても先まで走れないし、調子が悪くても目的地まで走らなければならない。というわけで、シートポストに取り付けるキャリアに下着、ハーフパンツ、サンダル、輪行バッグを縛り付けて走ることにした。そうすれば1日に走る距離をかなり調整できるはず。

仕事上、GW、お盆、年末年始はまともに休めないので、夏に4日間休めるなんていうのはこれから先もあるかどうか。しかも家族は留守。このことを家族に話すと、ほんの少しだけ呆れて、「今年しかできないかもしれないから行ったらいいよ。」と言ってくれた。

50を過ぎてこんな「オヤジの冒険」をすることになるなんて思ってもいなかった。何だかドキドキしてきた。ところで佐賀に着いてから仕事ができるのかワタシは...

「大したことないさ」、「大丈夫、大丈夫」ってことにしよう。

ただ一つの不安要素は佐賀での仕事開始日が確定していないということ。後ろにずれれば、「名古屋-佐賀」っていうことにもなるけど、前倒しになると、「名古屋-倉敷」、「名古屋-岩国」なんていうことにもなる。まぁ何とかなるか。

EDIT  |  14:24 |  未分類  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
2009.12/22(Tue)

無理すれば 

徳島の出張先で仕事が終わったのが17時。
無理すれば家に帰れるけど、「自転車では無理しても、仕事では無理しない」主義のワタシは途中下車して大阪泊。
しかし、明日は出勤しなければならず、早起きして新幹線に乗り会社に行く予定。

EDIT  |  21:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。